TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2014年 > 5月 書名検索: 詳細検索...
インターネットで実現した「知識の統合」
集合知入門
赤間 世紀 著
2014年 5月16日発売   A5判  192ページ 定価 \2,484(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1833-3 C3004 \2300E
 私たちは、誰もが「知識」をもっています。多くの人の「知識」を集めれば、より高度な「知識」になります。
 「コンピュータ」の世界でも同じことが言えます。「インターネット」で集められた「知識」は、多くの人の「知識」に対応すると考えられます。

 このように個々の「知識」を集めたものを、「集合知」と言います。
 現在、この「集合知」は、「コンピュータ」の世界で非常に注目されています。「集合知」が、さまざまな分野の成果を融合した分野だからです。特に、その技術が「インターネット」と深く関連しているため、今後のビジネスへの応用が期待されています。

 本書の目的は、「集合知」の概要をその「手法」と「技術」を通して解説することです。
 まず「集合知」の技術の基礎、次に「集合知」の実際の技術を紹介し、さらに今後を展望します。
■ 主な内容 ■

第1章    序 論

[1.1]    知識から集合知
[1.2]    集合知の歴史
[1.3]    基礎概念

第2章    「集合知」の手法

[2.1]    機械学習
[2.2]    データ・マイニング
[2.3]    遺伝的アルゴリズム
[2.4]    マルチ・エージェント
[2.5]    統計
[2.6]    その他の手法

第3章    集合知の技術

[3.1]    世論調査
[3.2]    検索エンジン
[3.3]    ソーシャル・ブックマーク
[3.4]    Q & A サイト
[3.5]    その他のサービス

第4章    インターネットにおける集合知

[4.1]    Google
[4.2]    Wikipedia
[4.3]    Web 2.0

第5章    展 望

[5.1]    今後の応用
[5.2]    問題点

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本