TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2014年 > 4月 書名検索: 詳細検索...
ブロックを組み合わせてアプリ作る !
はじめてのApp Inventor
浜出 俊晴 著
2014年 4月26日発売   B5判  144ページ 定価 \2,090(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1827-2 C3004 \1900E
※ 最新バージョン「App Inventor 2」対応。

Androidのアプリを開発するには、「Eclipse」というツールを使い、プログラミング言語として「Java」を使うのが一般的です。しかし、「Java」も、プログラムの素人にとっては、敷居の高い存在です。
そんな中、「Androidアプリ開発」の画期的なツールとして登場したのが、「App Inventor」です。
                *
「App Inventor」は、『ブロックを組み合わせるだけ』でアプリが作成でき、コードの知識は必要なく、バグの発生も非常に少ないなど、初心者が取り組みやすい環境です。
そのため、「App Inventor」は、プログラム作成の基礎を学ぶための教育用ツールとしてGoogleで公開され、MITなどの教育機関で利用されています。
                *
本書は、この「App Inventor」を使って、「Androidアプリ」開発の基礎を学びます。
実際にサンプルアプリを作りながら、「開発手順」や「ブロックの使い方」を解説しているため、まったくのプログラム初心者でも、抵抗なく読み進めることができます。
■ 主な内容 ■

第1章[準備編] アプリ開発の前に

[1-1] 開発環境に必要なもの
[1-2]「 App Inventor」の開発画面
[1-3] アプリの「試験環境」
[1-4] 環境変数の設定
[1-5] アプリの「ビルド」と「配布」
   【コラム】Project の操作


第2章[入門編] 簡単なアプリ作成

[2-1] 画面をタップして電話をかけるアプリ(Project 名= makeCall)
[2-2] 画面デザインを学びながら作るカウンタアプリ(Project 名= CountUp
[2-3] スマートフォン上で行なう神経衰弱的アプリ(Project 名= TrumpGame
[2-4] 英単語学習のトレーニング用アプリ(Project 名= EngTra)
[2-5] 特定URL の閲覧に便利!個人用ブラウザ・アプリ(Project 名= MyBrowser
   【コラム】電話番号をプロパティで設定する
   【コラム】不要ブロックの削除
   【コラム】コンポーネントの名前変更
   【コラム】ブロックのコピー
   【コラム】定義済み変数の取り出し
   【コラム】ミューテーターについて
   【コラム】時刻の取り扱い
   【コラム】WebViewer のさらなる活用
   【コラム】TinyDB についての追加説明
   【コラム】マニュアルの参照


第3章[応用編] 実用的なアプリ作成

[3-1]「 加速度センサ」を利用した手品アプリ(Project 名= TrumpTrick)
[3-2] 複雑な計算「無限級数式」を解くアプリ(Project 名=Pai_Formula)
[3-3] クラウドにデータを保存する「TinyWebDB」活用アプリ(Project 名= WebDBex
[3-4]「 Webサーバ」上の画像をスライドショーするアプリ(Project名=WebCompoEx)
[3-5]「 Google StreetView」のカスタマイズ(Project 名= MyWorldCity)
   【コラム】Emulator 使用の実例
   【コラム】ActivityStarter の説明
   【コラム】Google App Engine について
   【コラム】Google App Engine の更なる活用

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問