TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2013年 > 1月 書名検索: 詳細検索...
実際の「事件例」をもとに「セキュリティ対策」を解説
スマートフォン 個人情報が危ない!
マルウェアからスマホの個人情報を守る!
御池 鮎樹 著
2013年 1月28日発売   A5判  160ページ 定価 \1,728(本体 \1,600)
   ISBN978-4-7775-1738-1 C3004 \1600E
 「スマートフォン」(スマホ)のユーザーが多くなりました。
 しかしそれは、多くの人が危険にさらされていると言うことでもあります。

 「Android」端末では、多くのユーザーが「フィッシング詐欺アプリ」に引っかかり、ネットバンクのアカウントが漏洩しました。「安全」と思われてきた「iPhone」も、「アドレス帳」を勝手に読み込むなど、個人情報をねらったアプリが登場しています。

 本書では、実際に起きたスマホの個人情報漏洩事件をもとに、どのようなマルウェアがあり、またどのように対策すればよいのか、具体例を挙げて丁寧に解説しています。
■ 主な内容 ■
CONTENTS
 まえがき

 第1部  スマートフォンのマルウェア
 [1] 狙われるスマートフォン
 [2] 携帯電話を狙う世界初のマルウェア「Cabir」
 [3] 初期の携帯電話マルウェア
 [4] 「犯罪ツール」への変貌
 [5] 「iPhone」の登場とマルウェア
 [6] 「Android」の登場と初期のマルウェア
 [7] 「Android」マルウェアの急増
 [8] 高度化するマルウェア
 [9] 傷ついた「App Store」の“安全神話”

 第2部  スマートフォンを巡るマルウェアの国内事情
 [1] 国内でも続々登場する 対スマートフォンのマルウェア
 [2] 初の日本語マルウェアは、海賊版の「いっしょにとれーにんぐ」
 [3] 日本製スパイウェア「カレログ」
 [4] 史上最悪の被害となった「“The Movie”マルウェア」
 [5] 「面白アプリ」を装う「占いアプリオーラの泉」
 [6] スパムメールやSNSの口コミで広がった「電池長持ち」

 第3部  マルウェア以外による情報漏洩
 [1] OS自体に仕込まれたスパイ?「Carrier IQ」
 [2] 超人気アプリ「LINE」の危険なプライバシー

 第4部  スマホのセキュリティ対策
 [1] スマートフォンのセキュリティ
 [2] 「iPhone」のセキュリティシステム
 [3] 「Android」のセキュリティシステム
 [4] スマートフォンの5つのセキュリティ対策
 [5] 「Android」の「パーミッション」


 参考文献
 あとがき

 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本