TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2012年 > 12月 書名検索: 詳細検索...
原発敗戦
事故原因の分析と次世代エネルギーの展望  『日本図書館協会選定図書』
青木 一三 著
2012年12月14日発売   四六判  224ページ 定価 \1,728(本体 \1,600)
   ISBN978-4-7775-1732-9 C0036 \1600E
天然ガス、LPG、NPGプロジェクトなど、エネルギー関連の実務に携わって20年の著者が、原発問題の実相を明らかにするとともに、エネルギー問題の解決策を示す。

 福島原発事故に遭遇したとき、最初に脳裏に浮かんだ言葉は「原発敗戦」という言葉であった。太平洋戦争に軍部が国民を引き連れて突入し惨敗したことと、原子力にかかわる「政官学産」の複合体が国民を巻き込んで突入し、負けた様が相似形だったからである。
 負けたのは、日本の原子力の「政官学産」複合体であるが、それだけではない。かつての敵国、大日本帝国を負かした米国も敗者なのである――。

 『日本図書館協会選定図書』
■ 主な内容 ■
CONTENTS
 はじめに

 序章  原発事故が起きた!

 第1章  福島で何があったのか?

 第2章  原子力の歴史

 第3章  放射能を漏らした、世界の原発事故

 第4章  「BWR」の炉型に潜む悪魔

 第5章  自然災害・経年劣化・多重化・多様化・分散配置

 第6章  「放射性廃棄物」問題

 第7章  人為的温暖化説

 第8章  化石燃料による原発代替

 第9章  「再生可能エネルギー」の開発

 第10章  省エネルギー

 第11章  電力事業のあるべき構造と電力料金予測


 謝辞
 略語解説
 参考文献
 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本