TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2012年 > 11月 書名検索: 詳細検索...
数値解析で微分方程式を解く
OpenGL+GLSLによる「流れ」のシミュレーション
酒井 幸市 著
2012年11月26日発売   A5判  224ページ [CD-ROM付] 価格 \2,700(本体 \2,500)
   ISBN978-4-7775-1728-2 C3042 \2500E
≪好評 「OpenGL+GLSLによる画像処理プログラミング」「OpenGL+GLSLによる物理ベースCGアニメーション」の続刊≫
 本書の主要テーマは、「流体」の「リアルタイム・シミュレーション」です。
 「数値解析」で「ナビエ=ストークスの方程式」を解き、「カルマン渦」を発生させる、といったことを行ないます。
 「流体シミュレーション」に必要な、「流体」の基礎知識からはじめて、「流れ」を解くための「流れ関数-過度法」「速度-圧力法」などを、分かりやすく解説。
 プログラム開発環境としては、Microsoftの「Visual C++.NET」を用い、オープンソースのグラフィックス用API「OpenGL」とシェーダ言語「GLSL」を組み合わせてシミュレーションします。
※「添付CD-ROM」には、本書「サンプル・プログラム」を収録。
■ 主な内容 ■
CONTENTS
 Photo Index
 まえがき
 添付CD-ROMについて

 第1章  ポテンシャル流れ Potential Flow
 [1.1] 「流体」の基礎  [1.2] 「流体」の分類
 [1.3] 連続の式  [1.4] ポテンシャル流れ
 [1.5] 複素ポテンシャル  [1.6] ポテンシャル流れの具体例
 [1.7] 等角写像  [1.8] プログラムの説明
 [1.9] プロジェクトの構築

 第2章  「差分法」による「数値解法」 Numerical Solution using the FDM
 [2.1] 「差分法」の基礎  [2.2] ラプラス方程式
 [2.3] ポアソン方程式

 第3章  「時間発展」問題 Time-Evolution Problems
 [3.1] 移流方程式  [3.2] 拡散方程式
 [3.3] 移流拡散方程式  [3.4] GPGPUプロジェクトの構成

 第4章  「流れ関数-渦度法」 Stream Function-Vorticity Method
 [4.1] ナビエ=ストークスの方程式  [4.2] 「流れ関数-渦度法
 [4.3] 「平行平板間」の「流れ」  [4.4] キャビティ問題
 [4.5] 「円柱まわり」の「流れ」

 第5章  「速度-圧力法」 Velocity-Pressure Method
 [5.1] 「速度-圧力法」の概要  [5.2] キャビティ問題
 [5.3] 「平行平板ダクト」の「流れ」

 第6章  水面シミュレーション Simulation of Water Surface
 [6.1] 「水面」に発生する「渦」  [6.2] 「波動」の追加
 [6.3] 「屈折環境マッピング」の追加  [6.4] 「投影マッピング」による「集光模様」の追加


 参考文献
 索引

   添付CD-ROM for Windows XP/Vista/7
 ●本書サンプル・プログラム 収録

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本