TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2012年 > 11月 書名検索: 詳細検索...
無料で使える「HTML5」&「JavaScript」開発フレームワーク
Sencha Touchではじめるモバイルアプリ開発
きしだ なおき 著
2012年11月19日発売   A5判  256ページ 定価 \2,484(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1727-5 C3004 \2300E
「Android」「iOS」両対応のWebアプリを作る!

 モバイルアプリの需要が増え続けるのに伴い、「Android」や「iOS」など、複数のプラットフォームに対応したアプリを開発する機会が増えています。そこで、共通のアプリを、「JavaScript」を使って作る仕組みが多く登場しており、「Sencha Touch」もそのひとつです。

 「Sencha Touch」は、スマートフォンやタブレットで利用する「Webアプリ」を、「HTML5+CSS3+JavaScript」を使って開発するフレームワークです。

 特長としては、(a)豊富なコンポーネント、(b)強力なデータモデル、(c)MVCフレームワークが利用可能、(c)Ajax通信に対応――などがあり、特に「データ管理」や「業務用」のアプリ開発に適しています。
 さらに「Sencha Touch」を強化するツールである「Sencha SDK Tools」には、Webアプリだけでなくネイティブ・アプリも作れる機能や、「カメラ」「センサ」といった端末特有の機能を操作するAPIなども用意されています。

 本書は、JavaScriptの知識をある程度もっている方を対象に、「Sencha Touch」開発環境のセットアップから、Webアプリの開発の流れまでを解説しています。
■ 主な内容 ■
CONTENTS
 はじめに

 第1章  「Sencha Touch」とは
[1-1]「Sencha Touch」の特徴 [1-2]他のHTML5対応フレームワークとの比較

 第2章  「Sencha Touch」の準備
[2-1]開発環境のインストール [2-2]基本プロジェクトの作成 [2-3]ドキュメント

 第3章  基本コンポーネント
[3-1]「コンポーネント」の使い方 [3-2]コンテナ [3-3]いろいろな「コンポーネント」
[3-4]テンプレート

 第4章  ビューとコントローラ
[4-1]クラスシステム [4-2]ビュー [4-3]コントローラ

 第5章  「データ・パッケージ」と「フォーム」
[5-1]「リスト」「モデル」「ストア」 [5-2]フォーム

 第6章  「デバイスへの対応」と「パッケージング」
[6-1]「履歴」への対応 [6-2]実行環境の判別 [6-3]画面スタイルの変更
[6-4]パッケージング


 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本