TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2012年 > 3月 書名検索: 詳細検索...
簡単な操作で本格的な音楽を作る!
はじめてのMusic Maker MX
勝田 有一朗 著
2012年 3月12日発売   A5判  240ページ [CD-ROM付] 価格 \2,484(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1668-1 C0073 \2300E
≪「自動作曲」機能搭載! 誰でも手軽に高品質なエフェクトが使える!≫
 「MusicMaker」は、使いやすさと豊富な機能で、ビギナーから上級者まで幅広いユーザーが利用しているソフトです。
 特に、「自動作曲」機能は、いくつかのイメージを入力するだけで自動的に楽曲を作ってくれるので、誰でも音楽作りができて人気です。
 本書は、最新の「MX」版に基づいて記述され、初心者でも作曲できるように、楽曲作りの手順が図入りで解説されています。

※添付CD-ROMには「MusicMakerMX」の体験版を収録。
■ 主な内容 ■
CONTENTS
 はじめに

 1章  「Music Maker MX」事始め
 【1-1】「Music Maker MX」とは  【1-2】起動と初期設定

 2章  「Music Maker MX」に触れてみよう
 【2-1】画面構成と各インターフェイス  【2-2】作業の開始と終了
 【2-3】「ソング・メーカー」の自動作曲を体験

 3章  楽曲を組み立てる
 【3-1】「アレンジャー・フィールド」の詳細  【3-2】「サウンド・プール」の使い方
 【3-3】「オブジェクト編集」や「その他の設定」

 4章  MIDIエディタを使った打ち込み
 【4-1】「MIDI打ち込み」の準備  【4-2】「MIDIエディタ」の使い方
 【4-3】実際に打ち込んでみよう  【4-4】音の強弱を調整
 【4-5】リアルタイム入力  【4-6】ステップ入力
 【4-7】ドラム打ち込み

 5章  1曲作ってみよう
 【5-1】「あめふり」に伴奏を付けてみよう  【5-2】「コード」に従って音楽素材を配置
 【5-3】調整

 6章  オーディオ・レコーディング
 【6-1】オーディオ・レコーディング設定  【6-2】オーディオ・レコーディング手順

 7章  「Vocaloid3」との連携
 【7-1】MIDIデータと伴奏音源の出力  【7-2】「Vocaloid3 Editor」での作業
 【7-3】「Music Maker MX」へのボーカル読み込み

 8章  豊富なエフェクトを活用
 【8-1】「エフェクト」とは  【8-2】オブジェクト・エフェクト
 【8-3】トラック・エフェクト  【8-4】お勧めエフェクト
 【8-5】特殊なエフェクト

 9章  「ミキシング」と「マスタリング」
 【9-1】ミキシング  【9-2】センド・エフェクト
 【9-3】マスタリング  【9-4】音楽ファイルやCDへの出力、Webへのアップロード

 付録  シンセサイザ紹介
 「Music Maker MX」に搭載されるシンセサイザ


 索引

 特別付録CD-ROM for Windows
 ■Music Maker MX 30日体験版 収録 

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本