TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2011年 > 10月 書名検索: 詳細検索...
「クリエイティブ・コーディング」のための「C++」用フレームワーク!
はじめてのopenFrameworks
泉本 優輝 著
2011年10月21日発売   A5判  160ページ 定価 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1639-1 C3004 \1900E
≪デバイスとの連携≫「Kinect」「Wiiリモコン」「Arduino」「iPhone」
 「openFrameworks」は「クリエイティブ・コーディング」のために作られた、「C++」のフレームワークで、「インタラクティブ・デザイン」や「メディア・アート」の制作に適しています。
 「openFrameworks」をインストールすると、「OpenGL」「RtAudio」「FreeType」「FreeImage」「QuickTime」などのライブラリが入っているので、長いコードを省いて簡単にアプリケーションを開発でき、プログラミングを学ぶ「はじめの一歩」として適していると考えられます。
 本書では、「openFrameworks」の基礎として「マウス」「キーボード」「マイク」「カメラ」といった一般的なインターフェイスに反応するアプリケーションの開発などを学び、応用として「Kinectの深度センサを利用した奥行きのあるカラー画像の取得」「iPhoneの加速度センサ」など、デバイスとの連携について紹介します。
■ 主な内容 ■
CONTENTS

 はじめに

 1章  「openFrameworks」とは

 ・対象
 ・openFrameworks
 ・クリエイティブコーディング
 ・環境構築

 2章  ≪openFrameworks初級≫サンプルから学ぶ
 [2-1]基本的なプロジェクト  [2-2]図形を作る
 [2-3]「fps」を表示しよう  [2-4]図形を動かそう
 [2-5]文字を描画しよう  [2-6]画像を描画しよう
 [2-7]音を再生しよう  [2-8]動画を再生する

 

 3章  ≪openFrameworks中級≫インタラクションしよう
 [3-1]マウスを扱う  [3-2]キーボードを利用する
 [3-3]マイクを扱う  [3-4]カメラを扱う

 

 4章  ≪openFrameworks上級≫アドオンを利用しよう
 [4-1]アドオンを使ってみよう  [4-2]「ofxTween」を使ったアニメーション

 

 5章  ≪openFrameworks応用≫デバイスで学ぶ
 [5-1]「Arduino」で遊ぼう  [5-2]Wiiリモコンで遊ぼう
 [5-3]「Kinect」で遊ぼう  

 

 6章  ≪openFrameworks応用≫iOSアプリケーションの開発
 [6-1]「iOS」アプリケーションの開発環境  [6-2]「iOS」アプリケーションを開発してみよう
 [6-3]「加速度センサ」を利用しよう  [6-4]「コンパス」を利用しよう

 


 URL集
 あとがき
 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本