TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2011年 > 6月 書名検索: 詳細検索...
「お絵かきツール」「加速度センサ」「地図表示」「Twitterクライアント」…etc
楽しく学べるAndroidプログラミング
村山 要司 著
2011年 6月24日発売   A5判  208ページ [CD-ROM付] 価格 \2,484(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1611-7 C3004 \2300E
《「お絵描きツール」「音声アプリ」「加速度センサー」「Twitterクライアント」「ゲーム」などの作り方を、実例を示しながら解説!》

 スマートフォンの魅力は、なんと言っても豊富な「アプリ」です。
 Android用アプリの開発には、「Android SDK」(Software Development Kit)というツールが無償で提供されていますが、これは、Javaというプログラミング言語を知らないと、使いこなせません。
 そこで登場したのが、Googleの「App Inventor for Android」です。
 ドラッグ&ドロップで部品を置いていって画面を「デザイン」したり、それぞれの部品の機能がブロックになっていて、パズルを組み合わせるようにして「動き」をつけたり…。
 プログラミングの知識がなくても、アプリが作れます。

■添付CD-ROMには、「App Inventor for Android」と「本書サンプル」を収録。
■ 主な内容 ■
CONTENTS
 はじめに

 序章  「Android」ってなに?
 ■Androidの特徴

 第1章  楽しく始めよう
 [1-1] まずは準備から
 ■開発環境の準備

 [1-2] 「Droidくん」を表示しよう
 ■「Designer」と「Blocks Editor」
 ■画像の準備
 ■画像の描画
 ■テキストの表示
 ■「Blocks Editor」の起動
 ■エミュレータの起動
 ■エミュレータでの確認

 [1-3] 「Droidくん」を動かそう
 ■逃げる「Droidくん」
 ■「Canvas」と「ImageSprite」
 ■「Blocks Editor」でブロックを組み合わせる
 ■タッチイベント
 ■座標
 ■Random(ランダム関数)、number、四則演算
 ■エミュレータでの確認
 ■スマートフォンにつなごう
 ■スマートフォンでの確認
 ■スマートフォンにインストール

 第2章  いろいろ楽しんでみよう
 [2-1] キャンバスに絵を描いてみよう
 ■タッチのあと
 ■「Droidくん」の軌跡
 ■お化粧アプリ

 [2-2] 音を出してみよう
 ■ドアベル
 ■ピンポンダッシュ

 [2-3] 「加速度センサー」を使ってみよう
 ■赤ちゃんのガラガラ1
 ■赤ちゃんのガラガラ2

 [2-4] 電話をかけてみよう
 ■リストの中から選んでかける
 ■「アドレス帳」から選んでかける

 [2-5] データを保存してみよう
 ■電話した履歴を残す

 [2-6] 地図を表示してみよう
 ■住所を入力して表示する
 ■位置情報を取得して表示

 [2-7] 「Twitterクライアント」を作ってみよう
 ■「Twitter」の「OAuth認証」の登録申請
 ■Twitterクライアント

 第3章  もっと楽しもう
 [3-1] 「Droidくん」のアニメーション
 ■「Droidくん」のアニメーション
 ■あわてる「Droidくん」

 [3-2] スロットマシーン
 ■スロットを回す
 ■押されたら止まる
 ■一致しているかどうかの判定

 [3-3] 絵合わせ(神経衰弱)ゲーム
 ■カードを並べてシャッフルする
 ■裏返したカードを開く
 ■2枚ずつ開く
 ■2枚の絵が一致していたとき
 ■メッセージを出す

 [3-4] 対戦シューティング・ゲーム
 ■敵キャラを動かす
 ■自分を動かす
 ■攻撃が当たった
 ■時間で終了させる
 ■点数とハイスコア


 添付CD-ROM
 索引

   添付CD-ROM
 ■App Inventor for Android ■本書サンプル for Windows 収録

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本