TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2011年 > 6月 書名検索: 詳細検索...
「Eclipse」と「Android SDK」を使ったアプリケーション開発!
Androidプログラミング入門
清水 美樹 著
2011年 6月22日発売   A5判  256ページ [CD-ROM付] 価格 \2,484(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1610-0 C3004 \2300E
≪好評だった前著『iPhoneプログラミング入門』のAndriod版が登場!≫
≪「メニュー」「ボタン」など簡単なソフトを作りながら、徹底的に詳しく解説≫

 「Android」搭載のスマートフォンは、後発ながら、いまや「iPhone」と肩を並べるほど普及しています。
 ここまで人気が出た理由のひとつとして、「Androidでは簡単にアプリ(アプリケーション)が作れる」ことがあります。

 しかし、「簡単」とは言っても、「知識がなくても大丈夫」という意味ではありません。
 「開発に必要な環境の整え方」や、「開発に使うプログラミング言語の文法」、そして「アプリケーションがどのような仕組みで動いているか」など、必要最低限の知識は学ぶ必要があります。
 そこで、本書は、簡単なアプリケーションを実際に作りながら、「Androidアプリケーション」の開発手法を詳しく解説しました。

■添付CD-ROMには、本書の「サンプル・プログラム」と、「Android SDK」「日本語版Eclipse本体(Pleiades)」「Java開発環境(JDK)」を収録。
■ 主な内容 ■
CONTENTS
 はじめに

 第1章  「簡単アプリ開発」の意味
 [1-1] スマートフォンは従来のケータイより簡単?
 [1-2] 「iPhoneアプリ」は「従来のアプリ」より簡単?
 [1-3] 「Androidアプリ」は「iPhoneアプリ」より簡単?
 [1-4] 本書の目的
 [1-5] 本書の構成
 [1-6] 実際に作業を始める前に

 第2章  環境構築の目的と意味
 [2-1] 必要なパソコンの条件
 [2-2] 具体的な手順はサポート文書を
 [2-3] Androidは「Java」? 「Linux」?
 [2-4] Javaの「実行環境」と「開発環境」
 [2-5] Android SDK
 [2-6] Eclipse
 [2-7] 「Eclipse ADT」プラグイン
 [2-8] 「App Inventor」との違い

 第3章  初めての「Androidアプリ」
 [3-1] Eclipseの「Androidプロジェクト」
 [3-2] Eclipseで見る「Androidプロジェクト」の「フォルダ」と「ファイル」
 [3-3] Eclipseの「エディタ」
 [3-4] 右クリックで実行
 [3-5] 実機での実行
 [3-6] 完全にきれいに実行し直す

 第4章  画面の外観を記述する
 [4-1] 「リソース」を置く「res」フォルダ
 [4-2] 画面を記述するXMLファイル
 [4-3] Androidレイアウト・エディタ
 [4-4] 画面の色を変える
 [4-5] 文字列の大きさを変える
 [4-6] 文字列の配置を変える
 [4-7] XMLファイルの内容

 第5章  画面表示の仕組み
 [5-1] Javaソース・コードのある場所
 [5-2] レイアウト・ファイルに対応するJavaソース・ファイル
 [5-3] アクティビティ
 [5-4] R.javaの役割
 [5-5] 「ライブラリ」の場所
 [5-6] なぜ「Main.java」の内容が実行されるのか

 第6章  Androidプログラミングの基礎知識
 [6-1] Androidプログラミングに必要な、XMLの知識
 [6-2] Androidプログラミングに深く関わる「オブジェクト指向」
 [6-3] 操作に応答するための「イベント」と「リスナー」
 [6-4] 「今作業しているこの画面の情報」を示す「コンテキスト」

 第7章  画面切り替えの仕組み(1) ―オプション・メニューの作成
 [7-1] すでに用意されている「オプション・メニュー」を使う
 [7-2] 自動記入された「イベント・メソッド」の内容
 [7-3] 「onCreateOptionsMenuメソッド」を修正
 [7-4] Eclipseの「コード補完」を利用したプログラミング

 第8章  画面切り替えの仕組み(2) ―「切り替え先」画面の作成
 [8-1] 新しいレイアウト・ファイルの作成
 [8-2] 「入力フォーム」用にレイアウトを編集
 [8-3] 文字列データを「strings.xml」に記述

 第9章  画面切り替えの仕組み(3) ―今の画面から、次の画面を呼び出す
 [9-1] 「input.xml」を用いるアクティビティ・クラスの作成と登録
 [9-2] メソッド「onCreate」の追加(オーバーライド)
 [9-3] メソッド「onCreate」の編集
 [9-4] 自分で作った「Input.java」の全文
 [9-5] アクティビティ中で他のアクティビティを呼び出す
 [9-6] Eclipseの「クイック・フィックス」を使う
 [9-7] 画面の切り替え動作を確認
 [9-8] 日本語を表示するためのJavaコード

 第10章  データの受け渡しの仕組み(1) ―画面をクリックしたときの動作
 [10-1] レイアウト・ファイル上の要素の識別名
 [10-2] 「ボタン」をJavaのソース・コードで表わす
 [10-3] ボタンに付ける機能「リスナー」
 [10-4] 「クリックしたときの動作」をどう書き表わすか
 [10-5] メソッド「onClick」の最低限の編集

 第11章  データの受け渡しの仕組み(2) ―データを伴った結果を返す、受け取る
 [11-1] アクティビティ「Main」からの「呼び出し方」を修正
 [11-2] 「受け取った結果の処理方法」を追記
 [11-3] 簡単な動作テスト
 [11-4] アプリの動作の目標
 [11-5] 要素に識別名を付ける
 [11-6] メソッド「onClick」(Input.java)の完成
 [11-7] 入力欄に入力した文字列の取得
 [11-8] 「Bundle」というデータの書式
 [11-9] 「onActivityResult」の内容

 第12章  アプリやソースの改良
 [12-1] アプリの改良:独自アイコンを用いる
 [12-2] コードの改良:「決まった数値」を表わす「定数」


 添付CD-ROMについて
 索引

   添付CD-ROM for Windows
 ●日本語版Eclipse ●Java開発環境 ●本書サンプルプログラム ●サポート文書 収録

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本