TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2011年 > 6月 書名検索: 詳細検索...
HTML5+JavaScriptで、Webゲームをつくる!
HTML5 CanvasでつくるRPG
宍戸 輝光 著
2011年 6月 4日発売   A5判  224ページ [CD-ROM付] 価格 \2,484(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1604-9 C3004 \2300E
≪テキストエディタだけで、気軽にゲームが作れる!≫
 「HTML5」は、今まで使われていたHTMLの「次世代規格」であり、「Google Chrome 11」「Firefox 4」「Internet Exproler 9」など、最新のWebブラウザで表示できます。
 この「HTML5」のもつ機能の中でも、アニメーション可能なグラフィック描画機能である「canvasタグ」が導入されたことで、「テキストエディタ」だけで気軽にゲームが作れるようになりました。
 Windowsの「メモ帳」などで開発でき、特別な制作ソフトが不要な点は、大きな魅力です。

 本書は、「HTML5」の「Canvas」と「JavaScript」で、Webブラウザで動作する「RPG」(ロールプレイングゲーム)を作る方法を解説しています。
■ 主な内容 ■
CONTENTS
 はじめに

 第1章  JavaScriptでWebコンテンツを作る
 [1-1] 「HTML」と「スタイルシート」  [1-2] イベント処理
 [1-3] Canvas要素による描画処理  [1-4] 複雑な図形の描画
 [1-5] 文字列の描画  [1-6] 画像の描画
 [1-7] 画像データの作成

 第2章  Canvasにゲーム画面を描く
 [2-1] マップ画面の表現  [2-2] スクロール表示
 [2-3] 表示Canvasへの描画  [2-4] キーボードでのスクロール処理
 [2-5] 「選択ダイアログ」の作成  [2-6] 「メッセージ表示ウインドウ」の作成
 [2-7] 「改ページ」の実装  [2-8] 画面効果
 [2-9] ゲームに組み込むオブジェクト

 第3章  イベントでスクリプトを処理する
 [3-1] イベント機能  [3-2] 引数の指定を拡張する
 [3-3] 引数に指定した関数の実行  [3-4] 複数行のスクリプトを処理する
 [3-5] 「if文」による制御構造  [3-6] スクリプトを組み込む
 [3-7] 「キャラクターの描画」と「イベントの配置」  [3-8] スクリプトを利用した画像描画
 [3-9] 戦闘イベントの実装  [3-10] 処理速度を改善する

 [付録] RPG風サンプルゲーム


 添付CD-ROMについて
 索引

   添付CD-ROM
 ■本書サンプル・ファイル 収録

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本