TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2010年 > 9月 書名検索: 詳細検索...
巨大サーバを利用したWebアプリ開発の基本!
はじめてのGoogle App Engine for Java
きしだ なおき 著
2010年 9月22日発売   A5判  240ページ 定価 \2,484(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1548-6 C3004 \2300E
≪Googleの強力なサーバが使える!≫ ≪Javaの基本的なAPIが使える!≫

 いま、「クラウド・コンピューティング」が話題になっています。
 巨大サーバを連携して、大きな処理能力をもったサーバとして利用するもので、多くのユーザーがインターネットを介して、これを使います。
 「Google App Engine」は、Googleが提供するクラウド環境サービスで、1.「難しい設定を必要とせずに、簡単にWebアプリを公開できる」、2.「大量のデータ処理に対応できる巨大サーバ群が利用できる」のが、特徴です。これが基本的に、なんと無料で使えるというのです。

 開発言語には「Java」と「Python」の2つが使えますが、本書では、「Java」に焦点をあて、「Google App Engine」のサービス群を利用したWebアプリケーションの開発手法を、基本から学んでいきます。
■添付CD-ROMには、「Java開発環境」「NetBeans本体」「サンプル・プログラム」を収録。
■ 主な内容 ■
CONTENTS

 はじめに

 1章  「Google App Engine」をはじめよう
 [1-1] 「Google App Engine」とは  [1-2] 「Google App Engine」の機能
 [1-3] 「Google App Engine」の制約

 2章  「Google App Engine for Java」の準備
 [2-1] JDKのインストール  [2-2] 「NetBeans」のインストール
 [2-3] 「Google App Engine」プラグイン  [2-4] 「Google App Engine SDK」の登録
 [2-5] プロジェクトの作成  [2-6] サンプル・プログラムを作る
 [2-7] プログラムの実行  [2-8] アカウント取得とアプリケーション作成
 [2-9] プログラムの配備  [2-10] Eclipseでの「Google App Engine」の開発

 3章  Javaの基本
 [3-1] Javaの文法  [3-2] サーブレットとJSP

 4章  データストア
 [4-1] 「Google App Engine」のデータスト  [4-2] データの追加
 [4-3] データの取得  [4-4] 変更・削除
 [4-5] 「エンティティ・グループ」と「トランザクション」  [4-6] テスト
 [4-7] 割り当てと制限

 5章   「Google App Engine」で使えるサービス
 [5-1] ユーザー認証  [5-2] URLフェッチと画像操作
 [5-3] その他のサービス  [5-4] 開発上の注意


 添付CD-ROMについて
 索引

   特別付録CD-ROM for Windows
 ●Net Beans IDE6.9.1 ●Java開発環境(JDK) ●本書サンプル・プログラム 収録

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本