TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2010年 > 8月 書名検索: 詳細検索...
「SDK」を使ったソフトの「開発」から「販売」まで!
はじめてのiPadプログラミング
I/O 編集部 編
2010年 8月21日発売   A5判  240ページ 定価 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1543-1 C3004 \1900E
≪「SDK」を使ったアプリ制作から、「App Store」での販売まで≫
 「iPhone 3G」の「SDK」(ソフトウェア開発キット)が公開されました。
 これによって、世界で最も普及しているスマートフォン向けにサンデー・プログラマーがアプリケーションを開発する道が開かれ、日本も含め、全世界に向けて販売できるようになったのです。
 タブレット型携帯端末「iPad」も「iPhone」の仲間であり、「iPhone」と同様にアプリを開発できます。
 ただ、「iOS SDK」で「iPad」向けアプリの開発はちょっと特殊で、「Xcode」や「Interface Builder」を使ってユーザー・インターフェイスを作ったり、実機でデバッグしたり、「App Store」向けバイナリのビルド方法などを理解する必要があります。
 本書では、「iPad」上で動作する、「iOS 3.2」用アプリケーションの基本的なプログラミング技法を、「アナログ・シンセサイザー」の音声合成プロセスをシミュレートする「楽器アプリ」の制作過程を通して解説します。
 また、「iPad」で使われる独自の用語や「App Store」での販売方法も解説しています。
■ 主な内容 ■
CONTENTS
 はじめに

 第1部 準備編

 第1章  iPadプログラミングとは
 [1-1] なぜ今、iPadのアプリ開発なの  [1-2] 魅力的なアプリケーションを作るには?
 [1-3] iPad用アプリの開発に必要なもの  [1-4] 開発の準備
 [1-5] 覚えておきたい言語「Objective-C」  [1-6] アプリ開発のヒント
 [1-7] 「App Store」での配信  [1-8] 有名な「iPad」向けアプリケーション

 第2章  iPad独自の用語
 [2-1] iPadの各部名称  [2-2] 基本の操作

 第2部 実践編

 第1章  概要
 [1-1] 作成するアプリ  [1-2] 「iOS」について
 [1-3] 解説の流れ  [1-4] 開発環境

 第2章  プロジェクトの作成
 [2-1] プロジェクトの作成  [2-2] 「Split View-based Application」の構造
 [2-3] 「Split View-based Application」のクラス  

 第3章  ユーザー・インターフェイスの作成
 [3-1] キーボード画像の用意  [3-2] キーボード・クラスの作成
 [3-3] 「Interface Builder」を使ったコントロールの配置  [3-4] ボリューム・クラスの作成
 [3-5] オート・ローテーション  

 第4章  実機を使ったデバッグ
 [4-1] iPhone Developer Program  [4-2] 実機でのデバッグ

 第5章  リアルタイム音声合成
 [5-1] オーディオ・セッション  [5-2] AudioUnit
 [5-3] リアルタイム音声合成

 第6章  アナログ・シンセサイザー
 [6-1] 「アナログ・シンセサザー」の構成  [6-2] アナログ・シンセサイザーのクラス
 [6-3] UIの作成  [6-4] スプリット・ビューの操作
 [6-5] 参考コード

 第7章  アプリの完成
 [7-1] 出力の疑似ステレオ化  [7-2] アイコンなどの設定
 [7-3] 環境設定  [7-4] アプリのローカライズ
 [7-5] 「App Store」について



 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本