TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2010年 > 2月 書名検索: 詳細検索...
最新サーバOSの構成と機能
Windows Server 2008 R2入門
大澤 文孝 著
2010年 2月10日発売   A5判  200ページ 定価 \2,484(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1499-1 C3004 \2300E
マイクロソフト社の最新のサーバOS「Windows Server 2008 R2」は、会社の部署内で使う小規模な「部門サーバ」から、インターネットで使う中大規模なサーバまで、幅広く対応します。
「Windows Server 2008 R2」の大きな機能のひとつが、「仮想化」です。「Hyper-V」と呼ばれる機能が実装され、1台のサーバ上で、仮想的なコンピュータを実行できるようになりました。それもあって、導入を考えている中小企業も多いと思います。
ただ、多機能ゆえに、いざ導入しようとなると、分かりにくい概念や用語にぶつかりがちです。
そこで本書は、基本に立ち返って、「Windows Server 2008 R2」がもつ機能や、それらの機能の意味、そして、どのような場面で使えばよいのかを解説します。
※本書は、2004年3月発刊で好評の「Microsoft Windows Server 2003入門」(ISBN978-4-7775-1021-4)を、「2008 R2」の発売に合わせて大幅改訂したものです。
■ 主な内容 ■
CONTENTS
 はじめに

 chapter1  「Windows Server 2008 R2」の概要
 [1-1] サーバの機能と動作に必要な要件  [1-2] 「役割の追加」でサーバの機能を決める
 [1-3] 「Windows Server 2008 R2」で動作するサーバ・ソフト  [1-4] 「Windows Server 2008 R2」の種類とライセンス

 chapter2  ユーザー管理とセキュリティの基礎
 [2-1] ユーザーとグループ  [2-2] ワークグループとドメイン
 [2-3] アクセス権限を設定するACL  [2-4] 特権とグループ・ポリシー
 [2-5] 移動ユーザー・プロファイルとアプリケーションの自動インストール
 [2-6] Windows Server Update Services

 chapter3  Active Directory
 [3-1] Active Directoryとは  [3-2] Active Directoryの構成
 [3-3] Active Directoryを使うには  [3-4] Active Directoryによるオブジェクト管理

 chapter4  Windows Server 2003のサーバ機能
 [4-1] IPアドレスとDHCP  [4-2] ファイル共有とプリンタ共有
 [4-3] IISによるWeb機能  [4-4] Hyper-V

 chapter5  インターネット接続とリモート・アクセス
 [5-1] サーバをインターネットに接続する  [5-2] リモートアクセス・サービスとVPN
 [5-3] リモート・デスクトップによるサーバの管理  [5-4] リモート・デスクトップ・サービスとVDI
 [5-5] ファイアウォール機能  [5-6] サーバの安全な運用


 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本