TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2008年 > 10月 書名検索: 詳細検索...
手軽に使える大容量メモリのしくみから便利な使い方まで!
わかるUSBメモリ活用術
I/O編集部 編
2008年10月 8日発売   A5判  192ページ 定価 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1394-9 C3004 \1900E
≪「USBメモリ」の選び方から、一歩進んだ使用方法まで!≫
 「USBメモリ」は、「小さい」ので持ち運びに便利、価格が「安い」、さらに数十GBもの容量を保存できる「大容量」などが特徴で、普及が進んでいます。

 また、「USBメモリ」の使い方も、一般的な 崔噂磴淵如璽燭里笋蠎茲蝓廚呂發舛蹐鵝↓◆屮僖愁灰鵑僚萢速度の高速化」、「インストールディスクの代わりとして」、ぁ屮フィスソフト、Webブラウザやセキュリティソフトなどのアプリケーションを保存して、自分の環境そのものを持ち運ぶ」――など、さまざまです。

 このように便利な「USBメモリ」ですが、「どんな製品を買えばいいか」「どんな使い道があるか」といった、具体的なことを知らない人も多いのではないでしょうか。
 そこで本書では、「USBメモリ」について、簡単な歴史からはじめて、製品の選び方やその使い道、便利なアプリケーションの紹介など、「USBメモリ」をさらに便利に使う活用方法を紹介していきます。
■ 主な内容 ■
CONTENTS
 はじめに

 第1章  USBメモリとは
 [1-1] USBメモリの基礎知識  [1-2] USBメモリの詳細に触れる前に<補助記憶装置の歴史>
 [1-3] USBメモリの歩み    

 第2章  USBメモリの仕組み
 [2-1] USBメモリの特徴  [2-2] USBメモリの仕組み1<USBのアレやコレ>
 [2-3] USBメモリの仕組み2<フラッシュメモリのアレやコレ>  

 第3章  メリット/デメリット

 [3-1] USBメモリの性能  [3-2] USBメモリの耐久性  [3-3] USBメモリの対応環境、互換  [3-4] その他の分野

 第4章  USBメモリの選び方
 [4-1] USBメモリ購入時の注意点  [4-2] U3プラットフォーム

 第5章  USBメモリの活用法
 [5-1] 「バックアップ」と「同期」  [5-2] セキュリティ管理  [5-3] 「Windows Vista」とUSBメモリ
 [5-4] 「autorun.inf」を利用する  [5-5] USBメモリからOSを起動する

 第6章  アプリケーションを持ち歩こう
 オフィス・ソフト  ブラウザ・ソフト  メール・クライアント  テキスト関連
 ファイル・アーカイバ  ランチャー・ソフト  セキュリティ/バックアップ関連ソフト  グラフィック関連ソフト
 音楽/動画プレイヤー  ファイル交換/共有ソフト  その他ユーティリティ  ゲーム


 【付録A】「USB3.0」の登場
 【付録B】「SSD」と「USBメモリ」

 ●各製品名は一般に各社の登録商標または商標ですが、RおよびTMは省略しています。


 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本