TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2008年 > 5月 書名検索: 詳細検索...
FlashLiteのアクションスクリプトで、携帯サイト・ゲーム制作
携帯Flash サイト&ゲーム制作入門
諸星 拓也・Yu-mic 共著
2008年 5月14日発売   A5判  208ページ [CD-ROM付] 価格 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1360-4 C3004 \1900E
 「Flash Lite」は、携帯用に特化された、軽量バージョンのFlashです。
 本書は、好評の前著「携帯Flashスクリプト入門」の続編とも言えるもので、中級者を対象に、「Flashlite1.0/1.1」を使った、携帯の「Flashサイト」と「携帯ゲーム」を、「構造」「仕組み」などの解説をしながら作っています。

■CD-ROMには本書サンプル・ファイルと素材データを収録
■ 主な内容 ■
CONTENTS

 はじめに

 第1章  Flashによるサイト制作の基礎

■モバイル用Flashの「設定」と「書き出し」
■Flashの容量
■フレーム・レート
■ムービー・プレビュー

 第2章  サイト制作サンプル

■デザインや構図の考案
■素材の制作
■ボタン画像をスケール
■減速移動で配置
■ボタン・シンボルの配置
 ・フレームへ割り当て /  ・ボタン・スクリプト /  ・スクリプトで命令

 第3章  第3章 サイト制作サンプル

■ ボタンの配置
 ・デザインや構図の考案 /  ・フレームに名前を割り当て
■スクリプトで命令  ・「1hu」の1フレーム目 /  ・「2hu」の1フレーム目 /  ・「3hu」の1フレーム目 /  ・「4hu」の1フレーム目 /  ・「2hu1」「2hu2」「2hu3」のフレーム
■ボタン・シンボルの配置
 ・上下キーに反応するボタン /  ・フォーカス移動 /  ・サブ・メニューを開くようにする

 第4章  縦スクロール型サイト

■デザイン
 ・完成予想図 /  ・デザインを作る
■ボタン3つで操作するロジック
 ・上下の判断を取得する /  ・メニュー・カウントを取得する /  ・メニュー・カウントの値にフォーカス・ボタンを配置する
■縦スクロールの設定
 ・スクロールの動作設定 /  ・スクロール値"Yzahyo"の設定 /  ・完成とまとめ

 第5章  ゲーム制作にあたっての機能の役割分担

当たり判定
 ・基本アニメーション /  ・ラベル名をつける /  ・スクリプトを記載する
■タイマー
 ・テキスト・ボックス /  ・タイマーの取得用シンボル /  ・終了画面 /  ・ボタン /  ・ラベル名 /  ・スクリプト /  ・下から2番目のレイヤーのムービークリップ・シンボル内のスクリプト
■キャラ操作方法と位置判定の取り方
 ・点数の追加方法

 第6章  1〜6のキーを使って「もぐらたたきゲーム」

■スタート・メニュー
■ゲーム説明メニュー
■ゲーム開始までのカウント
■ゲーム開始画面
■「もぐら」と「ボタン」
■エンド画面

 第7章  「クレーン・ゲーム」を作ってみよう

■ゲーム・デザイン
 ・目標のゲーム仕様 /  ・ゲーム・ロジック
■パーツを作ろう
 ・ラベルをつける /  ・レイヤーに分けて、配置
■「クレーン」が左右に動くロジックを作る
 ・キーを押したら「クレーン」が作動して、下りるところまで /  ・「クレーン」が「ポケット」の位置まで戻るところまで
■「キャラクター」が「クレーン」にひっかかるロジックを作る
 ・キャラクターとクレーンの当たり判定を作る
■スコアと制限回数のロジックを作る
 ・キャラクターの獲得数の設定と表示 /  ・制限回数の設定と表示
■一連の動作を一度整理する
 ・うまく動くかデバックする /  ・繰り返しプレイできるようにボタンを初期化
■制限回数5回でゲームオーバーにする
 ・ゲームオーバー画面を作る /  ・パブリッシュして確認
■難易度とコメントを設置する
 ・コメントを表示する /  ・惜しいときにもコメント表示をつける /  ・難易度を設定する /  ・キャラクターを5つにする
■「スタート画面」と「説明画面」を作る
 ・完成


 [付録]スクリプト一覧
 あとがき
 CD-ROMの使い方
 索引

 特別付録CD-ROM
 ●本書サンプル・ファイル、●素材データ 収録

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本