TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2008年 > 3月 書名検索: 詳細検索...
「コンパクト」「軽量」な日本語ディストリビューションを使う!
はじめてのVine Linuxサーバ
大藤 雄久 著
2008年 3月27日発売   B5変型判  304ページ [CD-ROM付] 価格 \2,700(本体 \2,500)
   ISBN978-4-7775-1351-2 C3004 \2500E
≪自宅やSOHOのための環境構築術≫
 「自宅」でも、複数のパソコンを使ってLANを構築するようになると、「ファイル・サーバ」や「プリント・サーバ」が何かと便利です。また、「SOHO」環境では、ADSLなどのブロードバンド回線を使って、独自の「Webサーバ」や「メール・サーバ」を公開したいという要求もあるでしょう。
 ただ、小規模ではあっても、サーバを構築するには、普段使っているクライアント・マシンとは異なるハードやソフトについての知識が必要です。また、サーバをインターネットに公開するとなると、「必要なハードの選定や構成」「使用するソフトの種類や設定」「セキュリティに関する考え方」など、いろいろな知識が必要です。
 本書では、コンパクトで軽量な日本語ディストリビューション「Vine Linux」を使って、自宅やSOHO環境を対象に、「FTPサーバ」「Webサーバ」「メール・サーバ」「ファイル・サーバ」「プリント・サーバ」などのサーバ環境を構築する方法を解説します。
 添付CD-ROMには、「Vine Linux」を収録しています。
■ 主な内容 ■
CONTENTS

 はじめに

 1章  Linuxとは
 [1.1]LinuxとWindowsの違い  [1.2]知っておかなければならないこと

 2章  インストール
 [2.1]セットアップの流れ  [2.2]初心者が止めるべきこと、初心者にお勧めすること
 [2.3]インストール前の準備  [2.4]Vine Linuxをインストールする
 [2.5]インストールのトラブル・シューティング  [2.6]インストール事例1(トラブルがなかったもの)
 [2.7]インストール事例2(トラブルがあったもの)

 3章  Linuxを使ってみる
 [3.1]インストール後の作業  [3.2]GUI
 [3.3]入っているソフトを確認する(GUI)  [3.4]他のマシンに接続する

 4章  サーバを試す
 [4.1]サーバの起動と停止  [4.2]FTPサーバ(proftpd)
 [4.3]Webサーバ(Apache2)  [4.4]ファイルサーバ(Samba)

 5章  コマンド入力について
 [5.1]Linuxコマンド  [5.2]コマンド入力(bash)のあれこれ
 [5.3]シェル・スクリプトの基本

 6章  Linuxの中身
 [6.1]起動の仕組み  [6.2]ファイル・システム
 [6.3]プロセス  [6.4]ネットワーク
 [6.5]「ユーザー」と「グループ」

 7章  システム・メンテナンス
 [7.1]コマンドの定期実行  [7.2]ログ・ファイル
 [7.3]「tar」によるバックアップ  [7.4]「tar」の事例
 [7.5]「dump」と「restore」によるバックアップ  [7.6]ファイル・システムのチェック
 [7.7]トラブル・シューティング

 8章  「ファイル・サーバ」「プリント・サーバ」の構築
 [8.1]「SWAT」の設定項目概要  [8.2]共有フォルダの作成
 [8.3]共有フォルダのアクセス権限  [8.4]その他の設定項目
 [8.5]プリンタの共有
 [8.6]「Samba」での「共有フォルダ」「共有プリンタ」についてのまとめ

 9章  サーバ公開の準備
 [9.1]サーバ公開にあたって必要なもの  [9.2]セキュリティについて
 [9.3]LANの構築  [9.4]アカウントのロック(「PAN」の利用)
 [9.5]パスワードの有効期限  [9.6]ウイルス対策ソフト「ClamAV」の導入
 [9.7]ルート・キット検出ツール「Rootkit Hunter」の導入  [9.8]「NXビット」を使う(カーネル・パッケージの再作成)

 10章  サーバの構築
 [10.1]Webサーバ構築  [10.2]メールサーバの構築



 索引

 特別付録CD-ROM
 Vine Linux4.2 収録

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
美本なし
サポート情報
Q&A
ご意見・ご質問

内容見本