TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2007年 > 10月 書名検索: 詳細検索...
「VRML」後継の3Dグラフィックス規格に対応!
Web用3D-CG言語 X3D VRML編
赤間 世紀 著
2007年10月13日発売   A5判  200ページ [CD-ROM付] 価格 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1311-6 C3004 \1900E
 「X3D」(Extensible 3D)は、Web用の「3Dグラフィックス」の言語です。「VRML」(Vrtual Reality Modeling Language)と「XML」(Extensible Markup Language)の両方の記述が可能な、「VRML」の後継であり、今後の「3Dグラフィックス」技術の標準的な言語になると思われます。ISOのWebベースのマルチメディア対応の対話的なコンテンツの仕様に準拠しており、さらに、「X3D」は、「MPEG-4」の仕様にも組み込まれています。

 『X3D VRML版』では、「VRML」の記述法(エンコーディング)を用いて「X3D」の基礎を解説します。

 また、本書では、「X3D」用のフリーのプラグインである「Flux Player」を用います。
 添付CD-ROMには、本書サンプル・プログラムと「Flux Player」を収録。
■ 主な内容 ■
CONTENTS

 第1章  序論
 [1.1] 3Dグラフィックス  [1.2] VRML  [1.3] X3D

 第2章  X3D入門
 [2.1] シーン・グラフ  [2.2] フィールド・セマンティックス  [2.3] 言語エンコーディング
 [2.4] X3Dの仕様  [2.5] VRMLエンコーディング  

 第3章  X3Dプログラミング
 [3.1] 「Flux Player」の入手法  [3.2] 「Flux Player」の操作法  [3.3] 簡単なX3Dプログラム

 第4章  形状
 [4.1] 幾何図形  [4.2] 外観  [4.3] 幾何学的変換
 [4.4] テクスチャ・マッピング  [4.5] 特殊図形  

 第5章  環境プログラミング
 [5.1] 光源  [5.2] 背景  [5.3] ナビゲーション
 [5.4] グループ化  [5.5] サウンド  

 第6章  センサ
 [6.1] 接触センサ  [6.2] 平面センサ  [6.3] 円柱センサ
 [6.4] 球面センサ  [6.5] 可視センサ  

 第7章  アニメーション
 [7.1] 時刻センサ  [7.2] 位置アニメーション  [7.3] 数アニメーション
 [7.4] 方向アニメーション  [7.5] 色アニメーション  

 第8章  その他の機能
 [8.1] Webパブリッシング  [8.2] スクリプティング  



 参考文献
 添付CD-ROMについて
 索引

   特別付録CD-ROM
●Flux Player、●サンプル・プログラム集を収録

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本