TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2007年 > 9月 書名検索: 詳細検索...
ソフト開発の方法論と言語を一挙に学ぶ!
Javaによるオブジェクト指向入門
赤間 世紀 著
2007年 9月 6日発売   A5判  176ページ [CD-ROM付] 価格 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1305-5 C3004 \1900E
 「オブジェクト指向」と言われる方法論が注目されてからかなりの年月(約30年)が経過しているが、今やソフトウェアの世界では中心的な立場にある。そして、「オブジェクト指向」に基づく言語「Java」も「C言語」の後継となっている。すなわち、「Java」による「オブジェクト指向プログラミング」がソフトウェア開発における主流となっているのは、疑いない事実である。
 ただ、「オブジェクト指向」は、従来の方法論と比べると、分かりずらい側面をもっている。
 まず、「オブジェクト指向」の確立された理論がないのが現状であり、概念があいまいである。
 さらに、同じ問題を解決するソフトウェアは、本質的に「オブジェクト指向」を用いなくても記述することができる。たとえば、「Java」で純粋な「構造化プログラム」を書くことも可能である。すなわち、「C」と同じように「Java」でプログラムを書くこともできる。
 本書は、「オブジェクト指向」の基礎を「Java」を使って解説するものであり、これから「Java」や「オブジェクト指向」を学ぶ読者や、「Java」についてはある程度知っているが、「オブジェクト指向」がよく分からない読者を対象としている。そのため、本書によって、「Java」と「オブジェクト指向」の両方を同時に効率的に学ぶことができる。
■ 主な内容 ■
CONTENTS

 はじめに

第1章  序論
 [1-1] オブジェクト指向  [1-2] Java  
第2章  Javaの基礎
 [2-1] JDKの入手法  [2-2] 基本事項  [2-3] データ型
 [2-4] 演算  [2-5] 制御  [2-6] 配列
 [2-7] クラス  [2-8] パッケージ  [2-9] 入出力
 [2-10] 例外処理    
第3章  オブジェクト指向プログラミング
 [3-1] 基本プログラム  [3-2] 図形  [3-3] 数値計算
 [3-4] データ構造    
第4章  GUIと画像処理
 [4-1] AWT  [4-2] Swing  [4-3] 画像処理
第5章  オブジェクト指向の応用
 [5-1] コンポーネントウェア  [5-2] オブジェクト指向データベース  [5-3] マルチメディア

 


 参考文献
 索引

特別付録CD-ROM

 ●Java SE Development Kit(JDK) 6u2
 ●サンプル・プログラム集 を収録

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫僅少
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本