TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2007年 > 5月 書名検索: 詳細検索...
誰でも簡単に3Dゲームやツールが作れる最新技術!
WPF 3Dプログラミング
大西 武 著
2007年 5月17日発売   B5変型判  176ページ [CD-ROM付] 価格 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1285-0 C3004 \1900E
 「WPF」は、「Windows Presentation Foundation」の略で、マイクロソフトの「.NET Framework 3.0」の新機能の一つです。
 WPFでどういうことができるかというと、簡単に言ってしまえば、Flashのような「ベクターシェイプ」や、DirectXによる「3D機能」などを扱うことができ、ゲームはもちろんのこと、ツールでも何でも作れてしまいます。
 「WPF」の「インターフェイス」は、「xamlフォーマット」という、ホームページのHTMLに似たxmlベースのファイルで作り、「プログラム」は「C#言語」で別のファイルに記述します。こうすることによって、デザイナーとプログラマーの分業が可能になり、極めて効率の良い開発が実現できます。
 本書ではそんなWPFで、3Dのゲームやツールの作り方を解説しています。
■ 主な内容 ■
CONTENTS

 はじめに

第1章  3Dの基礎知識と各種ツール
 [1.1]「WPFとは?」  [1.2]3D-CGとは?
 [1.3]3Dで使われる用語  [1.4]プログラミング用語「Visual C#2005」
 [1.5]3Dモデラー「Metasequoia」(メタセコイア)  [1.6]3Dアニメーションツール「Identitiy」(アイデンティティ)
 [1.7]2Dペイント・ツール「Paint.NET」  [1.8]シーケンサー「Music Studio Producer」
 [1.9]アマチュア声優  
第2章  ミニサンプル集
 [2.1]xamlファイルで3Dアニメーション  [2.2]3Dキャラを、カーソル・キー」で移動する
 [2.3]3Dキャラを、向いた方向に移動させる  [2.4]テクスチャ付きxamlファイル
 [2.5]ビルボードと背景色  [2.6]マウス・ピッキングとスケーリング
 [2.7]xamlファイルのフォーマット  [2.8]ブラウザ・アプリケーション
 [2.9]mp3ファイルのBGMを再生  …
第3章  「Metasequoia」と「Identity」と「Paint.NET」の使い方
 [3.1]「MetasequoiaLE」でモデリング  [3.2]「Identity」で3Dアニメーション
 [3.3]「Paint.NET」で草テクスチャ画像作成  [3.4]「Paint.NET」で地面テクスチャ画像作成
第4章  ゲームのプロトタイプ集
 [4.1]WPFクイズ「バグズバグ」  [4.2]Dungeonのマップ・エディタ
 [4.3]3D迷路「Dungeon」  [4.4]くるくる
 [4.5]鬼ごっこ  [4.6]タクティクス・マップエディタ「TacticsMap」
 [4.7]Tactics  
第5章  初めての作曲理論
 [5.1]シーケンサー「Music Studio Producer」で簡単に作曲しよう
 [5.2]スリーコード  [5.3]楽器を演奏しよう
特別付録CD-ROM

 ●「.NET Framework 3.0」
 ●「Metasequoia LE R2.3b」
 ●「Identity 1.0」
 ●「Paint.NET」
 ●「Music Studio Producer 1.22」
 ●サンプル・プログラム を収録


 添付CD-ROMについて
 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
Q&A
ご意見・ご質問

内容見本