TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2005年 > 7月 書名検索: 詳細検索...
空間と時間には最小単位がある。!! 「相対性理論」後継者たちの最新理論を解説!
ループ量子重力入門
重力と量子論を統合する究極理論
竹内 薫
2005年 7月23日発売   A5判  144ページ 定価 \1,728(本体 \1,600)
   ISBN978-4-7775-1149-5 C3042 \1600E
 ループ量子重力理論は、アインシュタインの重力理論と量子論を統合したもので、「超ひも理論」とともに「究極理論」の候補とされています。
 「超ひも理論」がいわば時空間を前提として「ひも」によって「電磁力」「強い力」「弱い力」と「重力」の4つの力を統一しようとするのに対し、「ループ量子重力理論」ではまず、従来の時空間を一度ご破算にして、「ノード」「リンク」そして「ループ」という構造で全てを構築しています。その結論は、なんと、「空間」と「時間」には「最小の単位」があるというのです。
 本書は、この最先端理論を竹内薫がわかりやすく解説しています。
■ 主な内容 ■
 CONTENTS

 

 はじめに 「入門」の意味

 

 §1 「ループ量子重力」ってなんなの?

 

 §2 ボーアは量子のデジタル性を理論化した

 

 §3 ハイゼンベルクは量子の不確実性を「思考実験」した

 

 §4 「不確実性」は「交換関係」と同義である

 

 §5 アインシュタインは重力の本質が「時空の歪み」であると考えた

 

 §6 徐々に、時空量子化のイメージから入る
 [ 6-1] ウィーラーの時空の泡  [ 6-2] シュレーディンガーの「ツィッターベヴェーグンク」

 

 §7 ここで、時空量子化の系譜を概観する
 [ 7-1] ディラック  [ 7-2] スナイダー
 [ 7-3] フィンケルスタイン  [ 7-4] ファインマン
 [ 7-5] ホーキング  

 

 §8 「スピン・ネットワーク」とはなにか
 [ 8-1] スピンの基本  [ 8-2] スピンの物理的なイメージ
 [ 8-3] 指南車からジャイロへ  [ 8-4] ジャイロからスピンネットへ

 

 §9 ループ量子重力理論のエッセンスを掴む
 [ 9-1] 思想的な問題  [ 9-2] 理論の枠組みのエッセンス

 

 §10 ループ量子重力理論の予言を見てみる
 [10-1] 面積の量子化  [10-2] ブラックホールの量子論
 [10-3] 量子宇宙論  

 

 §11 まとめ

 


 おわりに 宇宙と時空の夢
 
 索引

 

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本