TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2009年 > 11月 書名検索: 詳細検索...
Win7ユーザー必見!「Liveメール」の「導入」「データ移行」「使い方」
超カンタン!Windows Liveメール
東京メディア研究会 著
2009年11月 6日発売   B5判  96ページ 定価 \1,008(本体 \933)
雑誌コード 61482-70    ISBN978-4-7775-0121-2 C9404 \933E
OE/WinメールはWindows7では非搭載に!ユーザー必読!!
Hotmail Gmail Yahoo!メール にも 対応

新OS「Windows7」には、「XP」の「Outlook Express」や「Vista」の「Windowsメール」のような、標準搭載のメールソフトがありません。そのため、何かしらのメールソフトを導入する必要があります。
本誌は、Windowsと最も相性が良いマイクロソフト純正のメールソフト「Windows Liveメール」の導入方法と、「OE6」や「Windowsメール」から「Windows Liveメール」へのデータ移行の手順をやさしく解説します。
また、「Windows Live」メールは、ローカルにデータをもつデスクトップアプリケーションですが、メインで使うプロバイダメール以外にも、「Hotmail(Liveメール)」や「Yahoo!メール」、「Gmail」などの無料のWebメールにも対応します。
多岐にわたるウェブサービスの利用で、無料で取得できるWebメールアカウントが増えてしまった人でも、「Windows Liveメール」を使えば一括で管理できます。これで、いちいちサイトにアクセスしてパスワードを入れてログイン…の繰り返しをする必要がなく、らくらくメールを管理できます。
■ 主な内容 ■
CONTENTS

 01 「Windows Liveメール」の導入
 ■「Liveメール」を導入してみよう!
 ・公式サイトからダウンロード
 ・「Windows Live ID」の登録
 ■「Liveメール」を起動してみよう!
 ・「Liveメール」の起動

 02 「XP→Win7」メールの引っ越し
 ■XP用メールソフト「OE6」からデータをエクスポートしよう!
 ・アカウント情報の保存
 ・アドレス帳の保存
 ・メッセージの保存
 ■メールソフト「Liveメール」にデータをインポートしよう!
 ・アドレス帳の読み込み
 ・アカウント情報の読み込み
 ・メッセージの読み込み

 03 「Vista→Win7」メールの引っ越し
 ■Vista用メールソフト「Windowsメール」からデータをエクスポートしよう!
 ・アカウント情報の保存
 ・アドレス帳の保存
 ・メッセージの保存
 ■メールソフト「Liveメール」にデータをインポートしよう!
 ・アドレス帳の読み込み
 ・アカウント情報の読み込み
 ・メッセージの読み込み

 04 他のWebメールをLiveメールで使う
 ■無料のWebメールアドレスを追加登録しよう!
 ・Hot mailの登録
 ・G mailの登録
 ・Yahoo!メールの登録


 注意書き
 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本