TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2004年 > 4月 書名検索: 詳細検索...
「DirectX」「OpenGL」と「MFC」による,道具の「作り方」と「使い方」
3D-CGツール練習帳
大西 武 著
2004年 4月21日発売   B5変型判  288ページ [CD-ROM付] 価格 \2,700(本体 \2,500)
   ISBN978-4-7775-1032-0 C3004 \2500E
 DirectX9の登場で、3Dゲーム・プログラミングをする人も多くなってきました。しかし、3Dゲームを作るにはツールが必要ですが、市販の3D-CG専用ツールとなると、高価なものがほとんどです。そこで、フリーの3D-CGツールとして「Metasequoia」というソフトに人気が集まっています。
 本書ではこれと同等のソフトの作り方、使い方を全公開しています。3D-CGプログラミングやC++プログラミングを基礎から説明しているので、「MFC」「OpenGL」「DirectX」を使ってツールを作りたいという実力派プログラマーなら、誰でも簡単に3D-CGツールが作れるようになるでしょう。また、「Metasequoia」「Cyberdelia」「Centigrade」はフリーであるため、資料が非常に少ないのが現状です。そのため、単に3D-CGツールを使いたい人にとっても本書は貴重な資料になるでしょう。
■ 主な内容 ■

 CONTENTS

 はじめに

 第1章 3Dと必要なソフト
1-1 3Dとは?1-2 3Dで使われる用語
1-3 Metasequoiaの説明1-4 Metasequoiaの使い方
1-5 DirectX9.0-(Summer2003)のインストール 

 第2章 3Dプログラミングの基礎知識
2-1 ベクトル2-2 行列について

 第3章 C++のオブジェクト指向
3-1 クラスについて3-2 STLの使い方

 第4章 DirectXによる3Dビューア
4-1 3Dビューア4-2 Cyberdeliaライブラリ

 第5章 DirectXによる3Dアニメーション・ツール「Cyberdelia」の開発
5-1 Cyberdeliaの使い方5-2 マウス処理
5-3 ツリー・ビュー5-4 ダイアログ・バー
5-5 補足5-6 メタセコイアのフォーマット
5-7 Xフォーマット 

 第6章 OpenGLによる3Dビューア
6-1 OpenGLによる3Dビューア6-2 Centigradeライブラリ
6-3 スタイルなどの設定6-4 バッファの概念

 第7章 OpenGLによるポリゴン・モデラー「Centigrade」の開発
7-1 「Centigrade」の操作方法7-2 分割ウィンドウ
7-3 ビューの表示7-4 各ビューでのマウス操作
7-5 モデル・ビュー7-6 マテリアル・ビュー
7-7 補足 


 索引 

 付録

添付CD-ROM
 「MetasequoiaLE」,「Centigrade」,「Cyberdelia」など3D-CGツールやライブラリなどを収録

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本