TOP今月刊既刊I/OサポートQ&AWeb I/O通販お問い合わせ
 Q&A > はじめてのEdMax 書名検索: 詳細検索...
Q&A一覧
Q

送信ができない

受信はするが、送信ができません。
「このフォルダのメールボックスは大きくなってきています。不要や旧いメールを削除、または他のフォルダに移動後、コンパクションを実行して下さい。
本警告表示の条件(最大値の何%になったら表示するか)はメーラー設定:全般で調整できます」とでてきます。
「サーバーが新しくなったか何かで、SMTPのポート設定を変えないと使えないサーバーが何個かあるってことで、アウトルックの場合、
ツール→アカウント→メール→右のプロパティをクリック→詳細設定→一番上の送信メール(SMTP)のところが25になってると思うんですけど、
そこを587に変更すれば大丈夫」とある人から聞いて、直したけど、接続できないと表示します。
2007年07月04日受付
A

ご質問いただいた件ですが、おそらく、お使いのハードディスクに対して、データが大きすぎるため、エラー表示がなされているのだと思います。
それを表示させないための方法としては次の2通り考えられます。

,い蕕覆なったメールを削除する
「ツール」メニューから「コンパクション」を実行してください。

◆崟瀋蝓廣「メーラー設定」→「全般」のタブにある
「メールボックスが最大値の「〜」%を超えた時に警告表示
の「〜」の部分の数値を上げてください。

ただ、△諒法はあくまで一時的な対策になるので最終的には,鮃圓覆辰進がよいかと思われます。
また、メールが送信できない件はお使いになっているプロバイダによって違いますが、その方が言っているのは
多くのプロバイダが行なっている「ポート25制限」のことかと思います。
ただ、このポート25制限は、自分のプロバイダ以外のプロバイダのつないでメールを使おうとした場合に起こり得ることで、
自分のプロバイダ内で起こるということはあまり聞いたことがありません。
また、これらについては、プロバイダ側の対策ですので、お使いのプロバイダ会社に直接お問い合わせいただいたほうが良いかと思います。

<参考>プロバイダーの「ポート25制限」とは何?
http://arena.nikkeibp.co.jp/article/qa/internet/20050329/111837/
<参考>OCN「迷惑メール対策の強化について」
http://www.ocn.ne.jp/info/announce/2005/1118.html

最終更新日:2007年08月16日 11時23分04秒
▲このページの上へ
Q

EdMaxメール受信時の表示について

EdMaxメール受信時の表示について
2006年10月06日受付
A

Edmaxの場合、
上のメニューバーの「設定」→「メーラー設定」を開き、
「受信」タブをクリックすると
ダイアログの中央左側に
「受信で新着あり時ホップアップ通知する」という
項目があると思います。
ここにチェックを入れると
受信時にホップアップ通知をします。
また、「ホップアップ画面へフォーカス移動」に
チェックを入れると新着メールが届いたときに
いちばん手前に表示されます。

また
同じく「メーラー設定」の
「表示」タブの左側中央あたりの
「タスクトレイにアイコンを表示」させている場合は
新着メールが届いたときに
アイコンの色が変わります。

さらに
「アカウント設定」の
「受信」タブの下方にある
「「定期的に受信」時の対象」を選び、
さらに
「ファイル」の「定期的に受信」をオンにしておくと
一定時間ごとにメールを受信してくれます。

最終更新日:2006年10月06日 17時36分45秒
▲このページの上へ
Q

本文を表示しないようにするにはどうすればよいですか

本文を表示しないようにするにはどうすればよいですか。
2006年10月06日受付
A
EdMaxには本文を表示しないようにする機能はありません。
というのも、その必要性が無いためと思われます。
基本的にOutlookExpressの場合は
HTMLで書かれたメールがデフォルトで読めるようになっており、
それがウイルス感染のもとになっております。
しかし、EdMaxは基本的にHTMLメールはテキストに変換するよう
設定されておりますので、添付ファイルを開かない限り、感染しません。
もし、HTMLメールが表示されてしまうのであれば、
「設定」→「メーラー設定」→「表示」タブの
「HTMLメールを表示」のチェックボックスがオフになっているか
確認してください。
また、見た目上の変更で良ければ、
「表示」→「最大化」→「リスト画面」で
変更できます。
最終更新日:2006年10月06日 17時34分53秒
▲このページの上へ