TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2017年 > 7月 書名検索: 詳細検索...
■既刊案内 2017年7月
 2017年 |  2016年 |  2015年 |  2014年 |  2013年 
 1月 |  2月 |  3月 |  4月 |  5月 |  6月 |  7月 |  8月 |  9月 |  10月 |  11月 
←前月 →次月

I/O 2017年8月号 在庫あり
2017年 7月18日発売   定価 \980(本体 \907)
[特集]「GPIO」汎用I/Oポート徹底研究 
 
 最近の「小型マイコンボード」などの影響で、「ボード」と「センサ」などをつなぐ、デジタル信号の「出入り口」に触れる機会も多くなってきました。 
 これが「GPIO」(汎用I/O)です。 
 
 ただ、「GPIO」は、その数も種類もボードによってマチマチで、その役割を理解するのに苦労している方もいるかもしれません。 
 
 ここでは、「GPIO」の「しくみ」や「種類」の解説から、「PIC」「Raspberry Pi」「Arduino」といったボードごとの「GPIO」の違い、それを使った実際の電子工作まで含めて紹介しています。

「センサ」「アクチュエータ」「マイコン」 の仕組みがわかる本 在庫あり
I/O編集部 編
2017年 7月20日発売   定価 \2,052(本体 \1,900)
 人の身体で例えるなら、「目」や「鼻」などの五感が「センサ」で、「筋肉」は「アクチュエータ」と言えるでしょう。 
 
 私たちの身の回りには、数多くの「センサ」や「アクチュエータ」が使われています。 
 たとえば「センサ」では、電車の自動改札の「人感センサ」、自動車の「加速度センサ」、スマホの「ジャイロセンサ」などがある一方、「ものを動かす」ためには、「DCモータ」や「サーボモータ」などの「アクチュエータ」が使われます。 
 
 「ロボット」「IoT」の時代を迎えた今、「センサ」や「アクチュエータ」に関する知識は、「頭脳」のCPUとともに、ますます重要になっていると言えます。 
 また、「Arduino」や「Raspberry Pi」など、個人向けの「小型マイコンボード」が登場したことで、コンピュータの高度な知識がなくても、「IoT」システムや「ロボット」を作ることができるようになりました。 
 
 本書では、「IoT」&「ロボット」の主要パーツとも言える「センサ」と「アクチュエータ」、そしてそれを操作するための「マイコンボード」について解説しています。 

たのしい電子工作
――「キッチンタイマー」「音声時計」「デジタル電圧計」…作例全11種類!
在庫あり
神田 民太郎 著
2017年 7月26日発売   定価 \2,484(本体 \2,300)
 「キッチン・タイマー」「音声時計」「デジタル電圧計」「ブラシレス・モータ」など、全11種類の電子工作を紹介します。 
 
 製作に使う電子部品は入手が容易なもので、難しい部品は使っていません。費用も500〜3000円くらいで作ることが可能です。 
 また、「回路設計」「プログラム」のほか、「外装(ケース)の製作」についても解説しているので、見栄えの良い工作ができます。 
 
※本書は、月刊I/Oに掲載された記事を再構成し、編集したものです。

「惑星」の話――「惑星形成論」への招待 在庫あり
佐々木 貴教 著
2017年 7月26日発売   定価 \2,052(本体 \1,900)
「太陽系」は、自ら発光する恒星の「太陽」を中心に、「惑星」「衛星」「小天体」などで構成されます。 
 「惑星」には「水星」「金星」「地球」「火星」「木星」「土星「天王星」「海王星」があり、その「惑星」の周りを、「月」などの「衛星」が回っています。 
 
 本書は、まず「現在の太陽系の姿」、特に「惑星」と「衛星」について紹介します。 
 
 次に「太陽系形成論」として、太陽系の成り立ち、太陽系の「惑星」や「衛星」がどのようにして出来上がったのかを解説。 
 
 また、今では「太陽系」以外にも、他の星の周りを回る「系外惑星」がたくさん存在していることが分かっており、その太陽系以外の「惑星」と「形成理論」についても、説明しています。 
 
 巻末では、「地球」と同じような、「生命が宿る惑星」はどのようにすれば作られるのか、その可能性についても考えています。 

←前月 →次月