TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2015年 > 3月 書名検索: 詳細検索...
■既刊案内 2015年3月
 2020年 |  2019年 |  2018年 |  2017年 |  2016年 
 1月 |  2月 |  3月 |  4月 |  5月 |  6月 |  7月 |  8月 |  9月 |  10月 |  11月 
←前月 →次月

Maya&Unity 3Dゲーム制作 在庫あり
フーモア 著
2015年 3月18日発売   定価 \2,090(本体 \1,900)
 ゲームを作るのに重要なのは、「グラフィック」と「ゲームエンジン」です。 
 
 統合型3D-CG作成ソフト「Maya」は、「モデリング」「リギング」「アニメーション」「パーティクル」「ダイナミクス」「流体シミュレーション」「クロス・シミュレーション」「フォトリアリスティック・レンダラリング」など、これひとつで、さまざまな映像やエフェクト表現が実現できる、強力なソフトです。 
 
 「Unity」は、「ゲームエンジン」で、ゲームを構成するプログラム群です。「iPhone」「Android」「Windows」「家庭向けゲーム機」といった多くのプラットフォームに対応しています。 
 ゲームは、プログラム言語を使って1から作ることも可能ですが、公開されているゲームエンジンを利用することで、高品質のソフトを素早く完成させることができます。 
 
 本書は、製作現場で実際に必要な知識やTipsを中心にまとめてあります。 

I/O 2015年4月号 在庫僅少
2015年 3月18日発売   定価 \998(本体 \907)
[特集] 
「低価格時代」の「PC環境」構築術 
 
 従来、「デスクトップPC」の「モニタ」や「キーボード」が壊れると、その機器のみを交換してきました。しかし今や、「ノートPC」や「タブレット」が壊れたら、「本体」ごと差し替えたほうが、手間も費用も節約できる、いわば“PC使い捨て”の時代になったのです。 
 
 そうなると、PC環境を常に「良好」な状態に保つには、「何を残し」「何を交換」するかが重要になり、また、「データはどこに保存しておくか」「クラウドはどのように利用すべきか」などといったことも重要になってきます。 
 そこで今月は、「パソコン超低価格時代」に、どのように「PC環境」を構築するか考えます。

Swiftによる iPhoneプログラミング入門 在庫あり
大川 善邦 著
2015年 3月20日発売   定価 \2,530(本体 \2,300)
 Appleは、「iPhone 6」の発売に伴って、開発言語を、これまでの「Objective-C」から、新言語「Swift」に切り替えました。 
 もちろん、旧型の言語、「Objective-C」を使い続けることは可能です。ただ、ここで乗り換えなければ、競争に勝てないことは明らかです。 
 
 開発言語が新しくなったので「Swiftの勉強」は必要です。しかし、本書ではあえて「Swiftの言語解説」は、一切行ないません。その代わり、「iPhoneのアプリケーションの作成」から、即、スタートします。 
 
 まず、「コントロール」のプログラミングについて、事例を用いて解説します。 
 続いて、「ビュー」を使ってプログラムを作ります。 
 「ビュー」のなかでも、とくに「画像の扱い」について、詳細に説明します。 
 つまり、「iPhoneアプリケーション」の開発に、直接取り組みます。 

「Galileo2」ではじめる電子工作 在庫あり
キビテク 吉海 智晃 著
2015年 3月20日発売   定価 \2,530(本体 \2,300)
インテルの「Galileo」(ガリレオ)は、マイコンボード「Arduino」と互換性を保ちながら、プロセッサも搭載している電子工作用開発ボード。「Galileo2」は、その第2世代です。 
 
プロセッサに、Pentium互換の「SoC」である「Quark X1000」を搭載し、Linuxを入れれば、PCの処理ができます。加えて、Arduinoとも互換性があるので「マイコンボード」の機能を使うこともできます。 
具体的には、たとえば、画像処理をする場合に、(A)ファイルのやり取りを「Arduino」側で行ない、(B)画像処理やネットワーク関連の設定を「Linux」側でする――といったことができます。 
 
本書では、「Webサーバ」「ネットワークでのモータ制御」「OpenCVでの画像処理」「監視カメラ」「人工無能」など、「Galileo2」を使ったいろいろな工作の仕方を解説しています。

3Dゲーム制作のためのCryEngine 在庫あり
益田 貴光 著
2015年 3月25日発売   定価 \2,530(本体 \2,300)
 「CryEngine」は、独Crytekが開発したゲームエンジン。 
 誰でも気軽にオリジナルゲームを作ることができます。 
 その「リアルすぎる」描画力のため、「ゲーム」だけではなく、「ムービー作成」や「建築CG」などにも使われています。 
 
 本書は、「CryEngineを起動したのはいいけれど、どうしたらよいのか分からない」「ゲームエンジンには触ったことがない」といった、初心者を対象にしています。 
 
 
≪CryEngineの特長≫ 
■Asset 
 「CryEngine」には、さまざまな「Asset」(素材)が用意されています。 
 プリセットには、オブジェクトの他、パーティクルなどの「エフェクト」や「サウンド」「マテリアル」「植物」「生物」など、かなりの数が用意されています。 
 
■Designer 
 オブジェクトを作るには、普通は「3D-CGツール」が必要ですが、「CryEngine」内の「Designer」だけでも、ある程度のものが作れます 
 
■Flow Glaph 
 「Flow Glaph」という「ノードエディタ」で、プログラミングなしで、視覚的にゲームが作れます。 
  
■Snow or Wet 
 「雪景色」や「雨」を表現するための機能が用意されています。 
 これらは、マテリアルの変更だけで対応でき、効果音などの特殊効果も追従して切り替わります。 
 「嵐」の表現や雪の中のスポーツなども、思いのままに表現できます。 
 
■AI 
 「CryEngine」には、AI(人工知能)も用意されており、簡単に扱えます。 
 たとえば、作った枠内を障害物を独自に判断し、ランダムに攻撃させたりできるので、動きが自然な、臨場感のある、戦闘シーンが作れます。 

Processing2ではじめる OpenCV画像処理プログラミング 在庫あり
林 良二 (プロノワ) 著
2015年 3月26日発売   定価 \2,530(本体 \2,300)
 「Processing」(プロセッシング)はMITメディアラボの「ベンジャミン・フライ」(Benjamin Fry)と「キャセイ・レアス」(Casey Reas)によって作られたプログラム開発環境です。 
 Javaベースで作られているため、同じソースコードが、「Windows」「MacOS」「Linux」上で動作します。オープンソースなので、手軽に利用できます。 
 現在は、バージョンが「2.X.X」となる、「Processing 2」がリリースされています。 
 
 一方、「OpenCV」はオープンソースの画像処理ライブラリです。OpenCVの「CV」は「コンピュータ・ビジョン」の略です。 
 目的の処理が用意されている場合は、イチからプログラミングをするよりは「OpenCV」を利用したほうが効率的でしょう。 
 「OpenCV」自体はC/C++で記述されていますが、Processing用のライブラリとして「グレッグ·ボレンスタイン」(Greg Borenstein)により、「OpenCV for Processing」が公開されています。 
 このライブラリを使えば、比較的容易に「Processing」上で「OpenCV」が利用できます。 
 
 本書は、「画像処理」や「コンピュータ・ビジョン」に興味のある方を対象に、画像の画素にアクセスして画像処理をする方法から、「Processing2」用の「OpenCV for Processing」ライブラリを利用した「画像処理」や「コンピュータ・ビジョン」のプログラミング方法を解説します。

←前月 →次月