TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2014年 > 6月 書名検索: 詳細検索...
■既刊案内 2014年6月
 2020年 |  2019年 |  2018年 |  2017年 |  2016年 
 1月 |  2月 |  3月 |  4月 |  5月 |  6月 |  7月 |  8月 |  9月 |  10月 |  11月 
←前月 →次月

Metasequoia 4 CGテクニックガイド 在庫あり
加茂恵美子 著
2014年 6月14日発売   定価 \2,090(本体 \1,900)
 「Metasequoia」(メタセコイア)は、家庭用パソコンでも軽快に動作する「3Dポリゴンモデラー」です。モデラーとしての「Metasequoia」は非常に軽快で、優秀です。 
 
 本書は、新機能を交えつつ、「3D-CGの基本事項」「3Dプリントを前提としたモデリング」「3Dプリンタ用データ作成の注意事項」などを説明しています。 

はじめてのZBrush 在庫あり
新井 克哉 著
2014年 6月16日発売   定価 \2,750(本体 \2,500)
パソコンで3Dモデルを作るとき、今までのソフトでは「ポリゴンを押し出す」「回転」「縮小」「頂点を追加する」など込み入った方法で造形していました。 
しかし、本書で解説する「Zbrush」では、他の3D-CGソフトとは大きく異なり、1つの球体を「粘土をこねる」ようにしながら造形していきます。 
これによって直感的に形を作ることができ、細かな調整も簡単です。 
 
この「ZBrush」は、プロの世界でも使われている本格的な3D-CGソフトです。たとえば映画「アバター」や「ロード・オブ・ザ・リング」など、多くの作品にこのソフトが使われています。 
 
もちろん、プロ向けなので、数多くの機能があり、それらを網羅すると莫大な量になってしまいます。そこで本書では、基本機能に絞り、はじめて「ZBrush」に触れる人にも3Dモデルを作れるように操作のポイントを解説しています。

I/O 2014年7月号 在庫僅少
2014年 6月18日発売   定価 \998(本体 \907)
 [特集] 
「クラウド」を使いこなす 
――「ユーザー」として「開発者」として 
 
 「クラウド」という言葉が使われてから久しいですが、「サーバ」や「データベース」だけでなく、「Webメール」「オンラインストレージ」「動画共有サービス」など、今や身近なところに当たり前のように使われています。 
 
 そこで今月号では、「一般ユーザー」や「ソフト開発者」が「現在どのように使っているか」「今後どのようになっていくか」など、「クラウド」の利用について考えてみました。

はじめてのToyStudio 在庫あり
中西 康司 著
2014年 6月20日発売   定価 \2,530(本体 \2,300)
本書は、3D-CGアニメーション・ソフト「ToyStudio」(トイ・スタジオ)を使って、基本的な操作から、本格的なアニメーションの作成までを詳しく解説しています。 
 
「ToyStudio」は初心者にも分かりやすいシンプルな操作体系をもち、汎用性が高いのが特徴です。 
また、他のソフトのファイル形式との互換性が非常に高く、「メタセコイア」「Miku Miku Dance」といった人気のソフトや、国内でもっとも普及している多くの3D-CGモデル用フォーマットを入出力可能です。 
 
昨今の3D-CGアニメーションは、利用する3D-CGツールの操作が複雑になり、「アーティスト」ではなく「エンジニア」が作るものなどと言われています。 
3D-CGでアニメーションを作ってみたいけど、難しそうで手が出ない…という人でも、本書を読めば、簡単に3D-CGアニメーションが作れるようになるでしょう。

LeapMotion プログラミングガイド 在庫僅少
中村 薫 著
2014年 6月21日発売   定価 \2,530(本体 \2,300)
 「Leap Motion」(リープモーション)は米 Leap Motion 社が販売している、「手」や「指」の検出に特化したセンサです。 
 
 「Leap Motion」のハードでできることは、次の5つです。これらはSDKを使ったソフト制御ができます。 
  
 崋蝓廚慮― 
◆峪悄廚慮― 
K西の「ツール」の検出 
ぁ屮献Д好船磧次廚慮― 
ゥ癲璽轡腑 
  
 
 本書では、まず「LeapMotion本体」のセットアップと開発環境の構築について解説。 
 次に、アプリ開発の基本を学び、「じゃんけんゲーム」「お絵かきツール」などのプログラムを開発していきます。 
 
※本書は、「Leap Motion V2」に対応しています。 

←前月 →次月