TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2003年 > 3月 書名検索: 詳細検索...
「Linux」「FreeBSD」「Solaris」で作るユーザー管理環境
LDAPによるネットワークシステム構築 [第2版]
一條 博 著
2003年 3月10日発売   A5判  192ページ 定価 \2,750(本体 \2,500)
   ISBN978-4-87593-425-7 C3055 \2500E
 本書は、LDAPの応用について筆者の試みをまとめたものです。第2版では、LDAPが広くLinuxなどにライブラリとして収録されている現状をふまえ、好評の[第1版]を現在の状況に合うように加筆・修正しています。さらに、ディストリビューションにおけるユーザー認証の核となる「PAM」を使ったユーザー管理の方法も追加しています。

[LDAPとは]
 企業や教育機関でもネットワークが使われるようになりましたが、これらの組織でネットワーク・アプリケーションを使うときには、ネットワーク上の任意の場所から利用できる必要があります。この点を解決すれば、企業ではネットワークが使えるところであればどこでも業務の実施が可能になり、教育機関であれば、一ヵ所ですべての学生を管理し、かつ任意の部屋でネットワークを用いた授業もできるようになります。特に企業では、このような環境が実現できれば、どこにいても他の人間と協調して仕事ができます。
 LDAPの登場で、各種のネットワーク・リソースの検索やネットワーク・レベルでのユーザー管理が容易になり、ユーザー認証もできるようになりました。さらに、広い範囲での応用も考えることができるようになってきています。
■ 主な内容 ■

 

 LDAPによるネットワーク運営

 

1章  ネットワーク・リソース管理の必要性

 

2章  LDAPとは

 

3章  LDAPを使ったシステム
 ■ ネットワーク上のアプリケーション  

 

4章  ネットワーク管理用ライブラリの作成

 4.1 LDAP

 ■ LDAPサーバの作成  

 4.2 PAM

 ■ シェアード・ライブラリの作成  ■ pam.confの記述ルール

 

5章  LDAPの応用

 5.1 LDAPのユーザ認証以外への利用

 ■ sendmail  ■ メール・ツールのアドレス帳への利用

 5.2 メール・クライアント

 ■ pop  ■ imap

 5.3 ファイル・サービス

 ■ samba  ■ ftp

 5.4 Webサービス

 ■ http server  ■ squidのユーザ認証への利用

 

6章  システム構成例
 ■ LDAPのデータベース用ブラウザ/エディタ  ■ LDAPバージョン3

 

 おわりに

 参考文献


 索引


※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本