TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2003年 > 2月 書名検索: 詳細検索...
●「制御構造」「ポインタ」「構造体」 ・・・定番言語のすべてが分かる
基礎からのC言語
内田 保雄
2003年 2月26日発売   A5判  384ページ 定価 \2,090(本体 \1,900)
   ISBN978-4-87593-401-1 C3055 \1900E
 C言語は、現在もっともよく使われているプログラミング言語です。ソフトウェアの中核であるオペレーティング・システムやツールの開発はもちろん、一般の業務プロラムや科学技術計算プログラム、さらにはゲーム・プログラムの作成に至るまで、幅広く対応できるのが特徴です。一般にC言語は難しいと言われています。確かに、いろいろな概念が登場しますが、それらを単なる「言葉」や「決まり」として覚えるのではなく、自分の身近にあるいろいろな事物に結びつけて考えると理解が深まります。
 本書では、例題のための例題ではなく、意味付けを理解できるようなサンプルの作成を心掛けました。また、本書は入門書ですが、コンピュータの原理やC言語の本質に迫る例も盛り込みました。これを読めば、今まで難しいと思っていたC言語のすべてが分かるようになります。
■ 主な内容 ■
 はじめに

 

第1章  C言語とは
 [ 1. 1] C言語の特徴  [ 1. 2] プログラムの作成から実行まで
 [ 1. 3] プログラム作成の基礎  [ 1. 4] エラーとデバッグ

 

第2章  入出力
 [ 2. 1] 出力  [ 2. 2] 入力

 

第3章  変数と定数
 [ 3. 1] データ型  [ 3. 2] 変数
 [ 3. 3] 定数  

 

第4章  演算子
 [ 4. 1] 式と演算子  [ 4. 2] 型変換とキャスト

 

第5章  制御構造
 [ 5. 1] 制御構造とは  [ 5. 2] 順次
 [ 5. 3] 分岐  [ 5. 4] 繰り返し
 [ 5. 5] アルゴリズム  

 

第6章  配列
 [ 6. 1] 配列とは  [ 6. 2] 1次元配列
 [ 6. 3] 2次元配列  

 

第7章  文字列
 [ 7. 1] 文字と文字列  [ 7. 2] 日本語文字コード

 

第8章  ポインタ
 [ 8. 1] 変数とアドレス  [ 8. 2] ポインタとは
 [ 8. 3] ポインタ演算  [ 8. 4] ポインタと配列

 

第9章  関数
 [ 9. 1] 関数の定義と呼び出し  [ 9. 2] 変数の適用範囲
 [ 9. 3] 値渡しと参照渡し  [ 9. 4] 再帰関数

 

第10章  構造体とその他の型
 [10. 1] 構造体  [10. 2] その他の型

 

第11章  ファイル
 [11. 1] ファイルの扱い  [11. 2] シーケンシャル・ファイル
 [11. 3] ランダム・ファイル  [11. 4] コマンドの作成

 

第12章  誤差と精度
 [12. 1] 誤差  [12. 2] 精度

 

付録  
 [A] ASCIIコード表  [B] 標準ライブラリ関数
 [C] 開発環境  

 

 索引


※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本