TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2002年 > 4月 書名検索: 詳細検索...
拡大・縮小自由自在! イラストレーターの魅力,教えます!
Illustratorキャラクター制作テクニック
ベジェ曲線で描く美少女イラスト制作テクニック集
ナカハラ 著
2002年 4月 5日発売   B5判  128ページ 定価 \2,090(本体 \1,900)
雑誌コード 61480-29    ISBN978-4-87593-329-8 C9455 \1900E
 Illuatratorなどいわゆるドロー系と言われるアプリケーションを使って描くイラストの魅力はなんと言っても出力解像度に依存しないことでしょう。その使用用途は非常に多岐に渡り、イラスト制作からロゴデザイン、装丁の制作などさまざまな分野に使われています。しかし、Illustratorでのキャラクター・イラスト制作というとポップ調のものが非常に多く、純粋なキャラクター・イラスト制作法を解説したものはありませんでした。
 本書では、気鋭のイラストレーターであるナカハラ氏がキャラクター・イラストを描くことを中心に、ロゴデザインや本の装丁デザインなどを余すところなく解説し、Illustratorを使ってのイラスト制作の魅力を紹介しています。
■Illustratorを使ったキャラクター・イラスト制作
 まずIllustratorを使ったキャラクター・イラストの制作方法を解説。Illustratorでイラストを描くメリットは出力解像度においてのメリットだけでなく、初心者でもより手軽でよりキレイな着彩が可能だということです。基本的なペン・ツールの使い方を踏まえ、Illustratorの活用法をご紹介していきます。
■パーツの流用−Illustrator応用編
 Illustratorを用いて描くベクター・イラストの魅力はただ単にイラストを描くだけでなく、制作時間の簡略化でも重要な役割を果たします。たとえば、キャラクターのパーツを自由に流用できるとしたら、1枚のイラストにかける時間はぐっと削減されることでしょう。基本的な使い方に慣れたら、より発展的なIllustratorの活用法をまなんでいきましょう。
■DTPとIllustrator
 さらに発展的な内容として、Illustratorを使った本の装丁デザインを解説します。実際のDTPの制作現場でデザインに使われているのはIllustratorが主流であって、DTP分野でも非常に高い効果を発揮します。キャラクター・イラストにとどまらず、実際の実用面での解説も収録しています。
■ 主な内容 ■
 Introduction
 ベクター画像とビットマップ画像
 グラビア
 Chapter1 Illustratorでイラストを描く(初級編)
 Chapter2 Illustratorでイラストを描く(中級編)
 Chapter3 Illustratorでイラストを描く(上級編)
 Chapter4 オリジナルのロゴを作る
 Chapter5 パーツを組み合わせてフライヤーを作る
 Chapter6 他のイラストのパーツを流用する
 付録
  Illustrator 9のツールボックス/ペンツールの基本操作/Illustratorのショートカットキー/ほか

※ 内容が一部異なる場合があります。ご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
ご意見・ご質問