TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2002年 > 10月 書名検索: 詳細検索...
e-Japan ・・・電子政府の実現に向けて
建設業界のためのXML
伊藤 勝久・佐藤 和美・鈴木 浩・物部 寛太郎・福田 智宏・江村 藍・奥井 晶久・垣内 祥史・笠井 永充・佐賀野 正行・三宅 惇子・宮田 諭 執筆者・河内 康・村上 斉・溝口 直樹・吉田 博哉・池辺 正典・吉村 直記 共著、笠原 和隆 図版・田中 成典 編集・益倉 克成 監修
2002年10月25日発売   B5変型判  224ページ 定価 \2,750(本体 \2,500)
   ISBN978-4-87593-293-2 C3052 \2500E
 平成13年度より、CALS/ECの一部として国土交通省の直轄工事において電子納品が開始されました。この電子納品にXMLが使われていることもあり、「XML」という言葉が国内の建設分野関係者の間でかなり一般的な言葉になりました。しかし、XMLの利用は一部で「DTD」を使うレベルに留まっているのが現実です。これに対し、世の中はアプリケーションに頼らないデータ交換を目指して、「XMLスキーマ」を各用途ごとに開発する動きになっていて、現在猛烈な標準化が行なわれています。XMLはWWWに次ぐIT業界の2番目の革命児になりそうな勢いです。
 本書は、建設分野の人を対象に初めて書かれたXMLの解説書です。現在の建設分野でのXMLの利用のされ方を多くの事例で示しています。これにより、XMLを総体的に理解し、今後の建設分野におけるXML技術の方向性を見定めることができるでしょう。
■ 主な内容 ■
 建設分野におけるXMLの活用について

 

 第1部  XMLの基礎知識
 1章  XMLの概要
 1.1 XMLの歴史  1.2 XMLの文法
 1.3 XML文書の作成  
 2章  XMLの利用方法
 2.1 XMLの利用概観  2.2 WebサイトにおけるXML利用
 2.3 アプリケーションにおけるXMl利用  
 第2部  DTDで規定されたXML
 3章  XMLとDTD
 3.1 DTDの概要  3.2 DTDの文法
 3.3 DTDとXML  
 4章  DTDの活用例
 4.1 サプライチェーン・マネジメントにおけるDTDの利用
 4.2 ナレッジ・マネジメントにおけるDTDの利用
 4.3 電子政府におけるDTDの利用
 5章  建設情報化におけるDTDの利用
 5.1 調査・計画段階におけるDTDの利用
 5.2 設計・施工におけるDTDの利用
 5.3 維持・管理におけるDTDの利用
 第3部  DTDからXML Schemaへ
 6章  XML Schema
 6.1 XML Schemaの概要  6.2 XML Schemaの文法
 6.3 XML SchemaとXML  
 7章  XML Schemaの活用例
 7.1 サプライチェーン・マネジメントとXML Schema
 7.2 ナレッジ・マネジメントとXML Schema
 7.3 電子政府においてのXML Schemaの利用
 8章  建設情報化におけるXML Schemaの利用
 8.1 調査・計画段階におけるXML Schemaの利用
 8.2 設計・施工におけるXML Schemaの利用
 8.3 維持・管理におけるSML Schemaの利用
 第4部  XMLの未来
 9章  メタ言語としてのXML
 9.1 データ・フォーマット  9.2 用途ごとに定義されたXML
 9.3 データ交換としてのXML  
 10章  これからのXML
 10.1 データ交換  10.2 XMLとUML
 10.3 今後のXML技術  

 索引
 略歴


※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本