TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2002年 > 11月 書名検索: 詳細検索...
「推測変換」「挨拶文例辞書」「iATOK」 ・・・日本語入力がさらに快適に
ATOK15速攻レッスン For Windows
野戸 美江 著
2002年11月18日発売   A5判  208ページ 定価 \2,090(本体 \1,900)
   ISBN978-4-87593-290-1 C3055 \1900E
 現在、「仮名漢字変換ソフト」は、Windows標準のMS-IMEが大きなシェアをもっています。その大きな理由は、Windowsを導入すると標準でついてくるからです。しかし、ただ単に「ついているから」という理由で、使いにくさを我慢したり、わざわざ慣れようとしていませんか?
 パソコンで日本語の文字を入力したり、日本語の文書を作成する際に欠かせない「仮名漢字変換ソフト」は、何を使っても同じと思っては大間違いです。辞書や変換機能の性能如何では、たとえ上級者やヘビーユーザーであっても、入力スピードに差がつき、ひいては入力に苦痛を感じることさえあります。まして、初心者では、変換作業はまことにまだるっこしいものに思え、「いっそ紙にペンで手書きしたほうが早い」と感じるものです。
 Justsystem社から発売されているATOKは、長年にわたって厚い支持をうけている優秀な仮名漢字変換ソフトで、慣用表現や専門用語を推測して変換する「推測変換機能」や10種類の辞書を搭載し、アプリケーションごとに自動的に使い分けたり、「話し言葉」や「関西語」をスムーズに変換できたりします。
 本書では、そのATOK15の「導入」から「使いこなし方」までを詳しく紹介します。
■ 主な内容 ■
 はじめに

第1章 日本語入力を楽にする
 1-1 かな漢字変換ソフト(日本語変換ソフト)とは
 1-2 ATOK15導入のメリット
 1-3 ATOK15をインストールする
 1-4 ATOK15のメニュー
 1-5 ATOK15でかな漢字変換をしてみよう
 1-6 コード番号について

第2章 自分のATOK15環境を見付ける
 2-1 パソコンで使う「かな漢字変換ソフト」を切り替える
 2-2 ATOK15の環境設定

第3章 辞書を使いこなす
 3-1 辞書とは
 3-2 辞書セットについて
 3-3 辞書セットのカスタマイズ
 3-4 辞書に語句を登録する
 3-5 辞書の流用・コンバート
 3-6 「辞書ユーティリティ」の機能一覧

第4章 ATOK15をさらに使いこなす
 4-1 「文字パレット」を使う
 4-2 「手描き文字入力」を使う
 4-3 iATOKを使う
 4-4 Excel関数入力支援機能
 4-5 「ツール・チップ」「ATOKナビ」「ヘルプ」


 ATOK15ショートカットキー一覧
 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本