TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2002年 > 1月 書名検索: 詳細検索...
大学院レベルの物理を「一夜漬け」で伝授!!
次元の秘密
自然単位系からDブレーンまで
竹内 薫
2002年 1月18日発売   A5  160ページ 定価 \1,760(本体 \1,600)
   ISBN978-4-87593-262-8 C3042 \1600E
 ≪好評『アインシュタインとファインマンの理論を学ぶ本』著者の第2弾!≫
 SF映画を観ていると、「4次元」や「異次元」という言葉が頻繁に出てきています。しかし、その「4次元」や「異次元」の意味を漠然と知っている人は多いと思いますが、実際それを理解するとなると、かなり難しいと思います。
 そこで本書では、その「次元」とはいったい何なのかを、「相対性理論」「自然単位系」などの基礎から最先端の「Dブレーン」まで、分かりやすく解説しました。本書を読めば、なぜ、現代物理学が10次元や26次元に注目するのか、理解できます。
■ 主な内容 ■
§1 4次元のアタマ
§2 次元とはなんぞや?
§3 次元をなくす法 自然単位系のはなし
§4 キャラクター紹介
§5 プランク長さの世界
§6 ディラックの巨大数仮説 重力は弱くなる?
§7 4次元のアタマの続き
§8 5次元カルーツァ=クライン理論は玉手箱かパンドラの箱か
§9 2次元と∞次元しかない話
§10 素粒子とフラクタル次元の話
§11 ひも理論ルネッサンス そろそろ超弦理論?
§12 ひもになれる(馴れる)方法
§13 ひもの方程式をつくる
§14 ひもはキスがうまいのであるか
§15 孫悟空の対称性
§16 大きいことは小さいことだ?
§17 ラグランジアンと動くニュートン定数
§18 超対称性登場
§19 いよいよDブレーン
§20 やっぱり幽霊の恐怖?

付録1 一般的なローレンツ変換の応用例
付録2 ひも理論で26次元や10次元が出てくる理由

 参考文献
 索引

 ※ 内容が一部異なる場合があります。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
改訂版が発売されています
Q&A
ご意見・ご質問