TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2022年 > 3月 書名検索: 詳細検索...
小型で便利なマイコンを使ってホビーロボットを作る
M5Atomで作る歩行ロボット
Robo Takao 著
2022年 3月26日発売   A5判  192ページ 定価 \2,640(本体 \2,400)
   ISBN978-4-7775-2188-3 C3055 \2400E
 「M5Atom」は、「M5Stack」の機能を絞って小型化することでコストと性能を両立した、ホビーロボット制作にはもってこいのデバイス。
 ヾ蔽韻忘遒襦↓▲蹇璽灰好箸忘遒襦↓6卜麓分で作る、M5Atomを使い倒す、を基本コンセプトに、3種類のロボットを作ります。

 サンプルプログラムと一緒にダウンロードできるPDFでは、「ROS」の使い方についても解説。
■ 主な内容 ■

■「M5Atom」って何?

  • 「Arduino」の出現
  • 「M5Stack」の登場
  • いよいよ「M5Atom」登場

■まずはLチカ

  • 「Arduino IDE」のインストール
  • 「USBドライバ」のインストール
  • 「ボードマネージャ」の設定

■「4軸二足歩行ロボット」の製作

  • 「サーボ」について
  • ロボットの結線
  • 部品の加工
  • 歩行モーション作成
  • 「Blynk」によるコントロール

■「6軸二足歩行ロボット」の製作

  • 「Fusion360」による部品設計
  • ロボットをモデリングする
  • 「3Dプリンタ」を使おう
  • 結線
  • 組み立て
  • 「サーボ」のトリミング
  • 「Matrix LED」による顔表現
  • モーション作成

■12軸四脚ロボット

  • 「12軸四脚ロボット」の概要
  • 「サーボ」の選定
  • 電池の話
  • 「Fusion360」による「3D設計」と「3Dプリント」
  • 「Wiiヌンチャク」を使ったコントローラ
  • 「IMU」を使う
  • 「超音波距離センサ」を使う
  • ソフトウェア
  • 「M5Camera」でストリーミング
  • 簡易障害物回避

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
予約受付中
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本