TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2021年 > 5月 書名検索: 詳細検索...
仮想空間で鉄道模型を自動制御!
「鉄道模型シミュレーターNX」で学ぶPythonプログラミング
角 卓 著
2021年 5月27日発売   A5判  224ページ 定価 \2,860(本体 \2,600)
   ISBN978-4-7775-2143-2 C3004 \2600E
 「鉄道模型」をバーチャル空間で自由にレイアウトし、眺めたり、運転したり
できるシミュレーションソフト、「鉄道模型シミュレーターNX」(VRM-NX)。
 プログラミング言語「Python」を使うことで、「列車の速度制御」や「ポイント
切り替え」など、さまざまな操作が可能です。
 「タイマー」や「センサー」を組み合わせることで、列車の「運転」や「機回し」など、高度な自動運転を実現。
■ 主な内容 ■

鉄道模型シミュレーターとは?

・鉄道模型シミュレーターの世界へようこそ!

・VRMNXをインストールしてみよう

・レイアウターとビュワーの操作

「Python」と「VRMAPI」の基礎

・VRMNXで「Hello World!」

・オブジェクト

・イベントハンドラー

・グローバル変数とDict型メンバー変数

・Pythonのよくあるエラー

「Python」自動運転スクリプト

・列車の操作

・センサーを使った列車の自動運転

・ポイントの操作

・待避線を使った自動追い越し運転

・進行方向の検出を使った自動往復運転

・自動行き違い運転

「Python」自動運転スクリプト(応用編)

・機関車の機回し作業

・方向転換を伴う機関車交換

・デルタ線を使った方向転換

・転車台を使った方向転換

・閉塞を使用した自動列車停止システム

列車以外の操作

・踏切の制御

・ImGUIを使った自作インタフェース

・自作モジュールを作ろう

・ファイルを読み書きしよう

VRMユーザー企画「自作車両」の車窓から

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問