TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2020年 > 6月 書名検索: 詳細検索...
C++によるプラグインの動かし方!
VSTプラグイン
うつぼかずら 著
2020年 6月25日発売   A5判  176ページ 定価 \1,980(本体 \1,800)
   ISBN978-4-7775-2108-1 C0073 \1800E
「エフェクタ」「デジタル楽器」が多くの音楽制作ソフト「Cubase」「Ableton Live」
「Studio One」で使える!

 音楽制作ソフトで事実上の標準規格「VST」に基づいて、「音楽制作ソフト」上で「トレモロ・エフェクタ」や「モノフォニック・シンセサイザ」として動作する「プラグイン」を作る方法について解説。
■ 主な内容 ■

「VST」とは

  • 「VST」とは

「VST」作成の準備

  • 「Visual Studio 2019 Community」のインストール
  • 「VST SDK」の導入
  • 「VST基本ライブラリ」の「コンパイル」と「ビルド」

はじめての「VSTプラグイン」作成

  • 「Visual Studioプロジェクト」の作成と設定
  • 「プロジェクト」の設定
  • はじめての「VSTプラグイン」
  • 「ソース・ファイル」の説明
  • 音声処理クラス

「エフェクタ」として動く「VSTプラグイン」の作成

  • トレモロVSTプラグイン
  • 各変更点の説明

「トレモロVSTプラグイン」の改良1

  • 「パラメータ」について
  • パラメータ付き「トレモロVSTプラグイン」
  • 各変更点の説明
  • ソース・ファイルの変更点
  • 「音声処理クラス」での「パラメータ情報」の処理の追加
  • パラメータの保存

「トレモロVSTプラグイン」の改良2

  • 「操作画面」(GUI)の作成方法
  • 編集用の「VSTプラグイン」の作成
  • 「制御クラス」の「操作画面」(GUI)を呼び出す関数の処理
  • 「操作画面」(GUI)の編集
  • 作った「操作画面」の「VSTプラグイン」への組み込み

「デジタル楽器」として動く「VSTプラグイン」の作成

  • 作成する「モノフォニック・シンセサイザ」について
  • モノフォニック・シンセサイザ
  • 各ポイントの説明
  • 「ソースコード・ファイル」の説明
  • 「MIDIコントロールチェンジ」の受け取り

作成した「VSTプラグイン」の公開に向けて

  • 機能の追加
  • 「リリース版」の作成
  • ライセンスの契約

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本