TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2019年 > 8月 書名検索: 詳細検索...
「コード」を「0」「1」に変えると「ドット絵」が現われる!
「ビットパズル」
大西 武 著
2019年 8月30日発売   A5判  208ページ 定価 \1,944(本体 \1,800)
   ISBN978-4-7775-2085-5 C3004 \1800E
 最近の「プログラミング言語」を取り扱う本では、プログラムの基本である「ビット演算」の解説を省略していることが多いようです。
 しかし、「ビット演算」を知っていれば、プログラムの選択肢を広げることもでき、さまざまな環境で使うこともできます。
 本書では、「2進数」「8進数」「16進数」「10進数」「ランレングス圧縮」の問題データを解読して、“ドット絵”を描きます。
 これによって、「ビット演算」の知識が自然に身につきます。
■ 主な内容 ■

はじめに

序章 「ビットパズル」について

第1章「2進数」で「ドット絵」を描く

 

  • [1-1] 「2進数」について
  • [1-2] 「2進数」から「ドット絵」にしたサンプル
  • 【Column】 「2進数」の数え方
  • 【Column】 ドット絵ソフトウェア「EDGE」

第2章 「8進数」で「ドット絵」を描く

  • [2-1] 「8進数」について
  • [2-2] 「8進数」から「ドット絵」にしたサンプル
  • 【Column】 「3ビット」と「8ビット」
  • 【Column】 各進数の「英語表記」や「由来」
  • 【Column】 3Dドット絵ソフトウェア「MagicaVoxel」

第3章 「16進数」で「ドット絵」を描く

  • [3-1] 「16進数」について
  • [3-2] 「16進数」から「ドット絵」にしたサンプル
  • 【Column】 Webページの色は「#ffffff」
  • 【Column】 2Dペイントツール「Paint.NET」

第4章 「10進数」で「ドット絵」を描く

  • [4-1] 「10進数」について
  • [4-2] 「10進数」から「ドット絵」にしたサンプル
  • 【Column】 「2進数」「8進数」「10進数」「16進数」の対応表
  • 【Column】 3D-CGツール「Blender」

第5章 「ランレングス法」で「ドット絵」を描く

  • [5-1] 「ランレングス圧縮」について
  • [5-2] 「ランレングス圧縮」から「ドット絵」にしたサンプル
  • 【Column】 「ランレングス圧縮率」
  • 【Column】 3D-CGツール「お手本モデラー」

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問