TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2019年 > 6月 書名検索: 詳細検索...
鉄道模型の疑問を“工学的”に探求!
機械技術者の鉄道模型実験室
寺田 充孝 著
2019年 6月30日発売   B5判  128ページ 定価 \2,530(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-2083-1 C3053 \2300E
元自動車部品メーカーの機械系技術者である著者が、技術者らしい観点で「鉄道模型」を楽しむ。湧き出てくる疑問は、実験装置を自作しながら検証。

「動力特性の概要」の章より
 幼いころの憧れだった「鉄道模型」を初めて手にしたのは、定年退職後であった。「車両のコレクション」や「レイアウト作り」を楽しんでいたが、「どうやって動くのだろうか?」との“技術屋魂”が動き出してしまった。ホビーとして楽しむ「鉄道模型工学」です。

「測定装置の製作」の章より
 机上で考えた理論は、実際に確認して初めて納得のいく理論となります。「ホビー」として楽しんだ「鉄道模型工学」も、「木工工作」や「電子工作」を使って「測定装置」を作って、実際に計測や解析が可能となれば、その理論を実感できるようになります。
■ 主な内容 ■

鉄道模型実験室ダイジェスト

1章 動力特性の概要

  • 1-1 「動力特性」の基本式[機械系]
  • 1-2 「動力特性」の基本式[電気系]
  • 1-3 車両特性

2章 測定装置の製作

  • 2-1 「動力特性」の測定方法
  • 2-2 傾斜台式測定法
  • 2-3 測定の自動化
  • ■システム構想■参考とした書籍■システムの仕様■各要素の工作■メインユニットの製作■電圧・電流測定ユニットの製作■車速測定ユニットの工作■傾斜角測定ユニットの製作■測定台への取付■回路部の作成■機能テストとセンサの校正■シールドと電圧・電流ユニットの機能テスト■電圧値と電流値の校正■安定化電源の投入■傾斜角測定の較正作業■システムの組立て■測定台への組付け■スケッチの作成■試験走行■Excel によるデータ処理■測定の実施■測定データの例■回路のチェック

3章 測定データ

  • 3-1 測定データの収集活用
  • 3-2 データによる裏付け
  • 3-3 特性線図から何が読み取れるか

4章 重連特性

  • 4-1 特性式と特性図
  • 4-2 重連時の課題
  • 4-3 実験データでの検証
  • 4-5 2モータ化の効果を検証
  • 4-6 小型の蒸気機関車の重連を楽しむ 「Baldein9号機」と「Krauss1412号機」
  • 4-7 小型の蒸気機関車の重連を楽しむ 「2286号機」と「2272号機」
  • 4-8 小型の蒸気機関車の重連

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問