TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2019年 > 3月 書名検索: 詳細検索...
拡がる人工知能の技術
速習 AIの世界
I/O編集部編 著
2019年 3月20日発売   A5判  160ページ 定価 \1,728(本体 \1,600)
   ISBN978-4-7775-2075-6 C3004 \1600E
 「ディープ・ラーニング」など、第三次の「AIブーム」と言われています。
 パソコン・ソフトの開発用にはAIに適した「開発環境」や「フレームワーク」「API」の提供はすでに一般的になっています。
 また、インテルやAMD、NVIDIAなども、AI処理に最適化したCPUやGPUの開発を進めるなど、ソフト、ハードの両面でAI技術の一般化が進んでいます。

 一方、AIの思考プロセスが把握できない「ブラックボックス化」や、AIが人を超えると言われている「2045年問題」など、AIの抱える問題点も、徐々に浮き彫りになってきています。

 本書は、「AI」の「基本」「応用」「技術」そしてその「問題点」について解説しています。

※本書は、月刊「I/O」に掲載した電子工作に関する記事を基に再構成したものです。
■ 主な内容 ■

第1章 AIの基本

■「AI」のおさらい

■「AI技術」の現状

■「AI」の手法

■「ニューラル・ネットワーク」の原理の基礎

 

第2章 AIの応用

■「AI」「ディープ・ラーニング」の応用

■「AI」の応用

■さまざまな「AIサービス」

■AIコンビニ

■「カメラ技術」最前線

 

第3章 AIの技術

■ソニーの「ディープ・ラーニング」

■Emotion API

■「ディープ・ラーニング」と「音声処理技術」

■『AI』を用いた『医薬品候補 化合物』の探索と設計シミュレーション

■「AI技術」を支えるハード&ソフト

■各社の「AIチップ」

 

第4章 「AI」とセキュリティ

■「AI」の問題点

■「AI」が起こした事件

■ディープ・フェイク

■「AI」は誰のものか

 

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問