TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2016年 > 9月 書名検索: 詳細検索...
「仮想現実」「拡張現実」の現在と未来
「VR」「AR」技術ガイドブック
I/O編集部 編
2016年 9月15日発売   A5判  160ページ 定価 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1968-2 C3004 \1900E
 最近では、「VR」(仮想現実)や「AR」(拡張現実)は、「元年」と言われるほど人気です。
 最近は、「PlayStation VR」(ソニー)や「Oculus Rift」(オキュラス)、「VIVE」(HTC)などのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)や、「ポケモンGO」(ナイアンティック)などのARアプリも登場し、一般への普及が始まってきています。

 一方、医療や福祉、防災といった専門分野でも、「VR」「AR」が使われはじめていて、注目されています。

 「VR」「AR」の「技術」から、実際に使われている場面、また、その発展系であるや「MR」 (複合現実)についてもさまざまな方向から取り上げます。

※本書は、2016年の月刊「I/O」に掲載した「VR」「AR」に関する先端技術の記事を再構成し、加筆修正したものです。
■ 主な内容 ■

序章「リアリティ技術」とは何か

 

第1部 「仮想現実」(VR)の技術

■VR(仮想現実)技術

■VRの実際

■「触覚」のVR技術

 

第2部 「拡張現実」(AR)の技術

■AR(拡張現実)技術

■「AR」の実際

 

第3部 デバイス

■「Oculus Rift」「HTC VIVE」「PlayStation VR」「Gear VR」

■「Kinect」と「モーション・キャプチャ」

■Leap Motion「Orion」

■Perception Neuron

■Desktop MOCAP iPi 3

■Myo

■HoloLens

 

終章「VR」の未来

 

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本