TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2014年 > 2月 書名検索: 詳細検索...
オープンCAE 「Salome-Meca」ではじめる構造解析
オープンソースでできる業務レベルの解析環境
柴田 良一 著
2014年 2月24日発売   A5判  184ページ [DVD付] 価格 \2,700(本体 \2,500)
   ISBN978-4-7775-1816-6 C3004 \2500E
 「Salome-Meca」は、プリポスト「SALOME」と構造解析ソルバ「Code_Aster」を統合したソフトです。このオープンソースのCAEソフトは、「eDF」(旧フランス電力公社)によって開発されました。
※CAE・・・Computer Aided Engineering:コンピュータによる設計支援。

 技術立国を目指す我が国としては、「CAE」環境の整備が急がれますが、現状では、
・ 「商用CAE」は、教材は整っているが、導入コストが高い
・ 無償である「オープンCAE」では、どこまでの解析ができるか分からない、
また、サポートやまとまった資料がないため、独学が難しい
といった問題点があります。

 本書は、初めて「CAE」に取り組む企業技術者や、大学高専の授業で「CAE」を始める人を対象に、著者らが制作した「DEXCS-Salome」(デックス・サロメ)を使って、構造解析のもっとも基本となる「応力解析」について、詳しく解説します。
■ 主な内容 ■

第1章 Salome-Meca」ではじめる構造解析

「オープンCAE」構造解析の目的

Salome-Meca」の機能と可能性

本書の目的と想定した読者

解析システムの準備方法

 

第2章 「応力解析」の基本操作

「応力解析」が目的とすること

 理論解の説明と計算

基本演習の定義と目標

プリ処理:「形状作成」や「メッシュ」など

ソルバ実行:「構成ファイル」と「解析実行」

ポスト処理:解析結果の表示と分析

解析結果の分析検証と今後の課題

 

第3章 「応力解析」の応用演習

条件を変えた比較演習の解説

実践を目指した自主演習の解説

演習内容を応用した検討課題

付録A Salome-Meca」の実践的活用

付録B 関連ソフトウエアとの連携

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本