TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2013年 > 9月 書名検索: 詳細検索...
「C」「C++」によるソースコードを読み解く!
プログラムの読み方がわかる本
小野田保穂 著
2013年 9月11日発売   A5判  144ページ 定価 \2,090(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1783-1 C3004 \1900E
 ソフトを作るとき、「プログラムを読む」という作業は欠かせません。
 ゼロから作る場合でも、サンプルのソースコードを見たりするでしょう。
 コードをできるだけ早く理解する能力は、プログラミングにおいて大変重要だと言えます。

 ただ、プログラムの中には、何十万行にもわたるものも珍しくはありません。そういった膨大なソースコードを素早く理解するには、コツがあります。

 本書は、プログラムを効率良く「読む」方法を解説した本です。

 この本は「C」や「C++言語」の知識があることを前提としていますが、必ずしも「経験豊富」である必要はありません。
 むしろ多くのソースコードを読んだことのない方に、要領良く読むためのアドバイスができれば、と思っています。また、経験豊富な方にも、ヒントを見つけていただければ幸いです。
■ 主な内容 ■

第1章 「ソース・コード」とは

[1-1]「ソース・コード」とは何か
[1-2]「ソース・コード」が行なっている意図を読みとる
[1-3]コードには書いた人の思想が反映されている
[1-4]「コード」は「小説」のようなもの

第2章 プログラムの構成

[2-1]プログラム作成環境
[2-2]プログラムの構成要素

第3章 「ソース・コード」の読み方

[3-1]準備
[3-2]構造を理解する
[3-3]書いて理解
[3-4]アルゴリズムの定石を知る
[3-5]テクニックを知る
[3-6]デバッグしよう

第4章 「ソース・コード」を読む練習

[4-1]題材を探す
[4-2]「Linuxコマンド」の「ソース・コード」を読む
[4-3]「Linuxカーネル」の「ソース・コード」を読む
[4-4]「ソース・コード」を読むためのヒント

第5章 読みやすいコードを書こう

[5-1]読みやすい「ソース・コード」とは
[5-2]読みやすいコードの書き方
[5-3]読みやすい「ソース・コード」を書くということ

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫僅少
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本