TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2013年 > 3月 書名検索: 詳細検索...
ソフトのダウンロードから回路の学習まで
回路シミュレータ「Qucs」による「電子回路」入門
齊藤 剛史 著
2013年 3月18日発売   A5判  192ページ 定価 \2,090(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1747-3 C3055 \1900E
 「Qucs」(Quite Universal Circuit Simulator)は、GUIに優れた、オープンソースの「電子回路シミュレータ」です。「Linux」「Windows」「Unix」「Mac OSX」など、各種OS向けに提供され、日本語を含めた10カ国語以上の言語に対応しています(※説明には「Windows PC」を使用)。

 本書は、このフリーソフト「Qucs」を使って「電子回路」を学ぶ、入門者向けの書籍です。前半で、「Qucs」の導入から操作方法まで解説し、後半で、「直流/交流回路」や「過渡応答」など、「電子回路」の基礎を解説しています。そのため、「電子回路」と「Qucs」の、どちらにもはじめて触れる方でも、理解しやすい内容となっています。
■ 主な内容 ■
CONTENTS
 まえがき

 第1章  Qucsとは
 [1.1] 電子回路シミュレータとは  [1.2] Qucs
 [1.3] Qucsの学び方  

 第2章  「Qucs」の導入
  [2.1] 準備するもの   [2.2] インストール
  [2.3] 初期設定.   [2.4] アンインストール

 第3章  「Qucs」の基本操作
 [3.1] 画面構成  [3.2] 「シミュレーション」の手順
 [3.3] プロジェクトの作成  [3.4] 回路図の作成
 [3.5] 回路図の保存  [3.6] 回路図の編集
 [3.7] シミュレーション  [3.8] 図形描画
 [3.9] 回路図の印刷  [3.10] プロジェクトの管理
 [3.11] 表とグラフ  [3.12] ビュー

 第4章  「Qucs」によるシミュレーション
 [4.1] 「部品」の名前の与え方  [4.2] 組み込み関数
 [4.3] 「物理単位」と「補助単位」  [4.4] 電圧と電流の表記方法
 [4.5] DCバイアス  [4.6] DC解析
 [4.7] パラメータスイープ  [4.8] 方程式
 [4.9] AC解析  [4.10] 過渡解析
 [4.11] 電流計  [4.12] 電圧計

 第5章  直流回路の基礎
 [5.1] オームの法則  [5.2] 抵抗の直列接続と並列接続
 [5.3] キルヒホッフの法則  [5.4] 重ね合わせの理
 [5.5] テブナンの定理  [5.6] ホイーストンブリッジ
 [5.7] 電力と電力量  

 第6章  交流回路の基礎

 [6.1] 交流の基本回路  [6.2] CRによるフィルタ回路
 [6.3] 共振回路  

 第7章  過渡解析
 [7.1] 過渡現象  [7.2] 微分回路と積分回路

 第8章  ダイオードを使った回路過渡解析
 [8.1] ダイオードの静特性  [8.2] 整流回路・平滑回路

 第9章  その他の回路
 [9.1] その他の素子を用いた回路シミュレーション  [9.2] さまざまな波形
 [9.3] 回路図配線の工夫  


 参考文献
 「サンプルファイル」と「付録」について
 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本