TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2004年 > 12月 書名検索: 詳細検索...
「実物部門」から「金融部門」の分析まで
Excelマクロ経済学入門
「経済循環図」フローチャートによる分析
梅原 嘉介 著
2004年12月24日発売   B5変型判  240ページ 定価 \2,530(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1093-1 C3033 \2300E
 好評の「ミクロ経済学」に続き、今回は「マクロ経済学」(国民経済学)を取り上げる。今回も表計算ソフト「Excel」を使って解説。Excelにデータを入れて実際にグラフを作ってみることで、マクロ経済の基本が体感できる。また、筆者が開発した「経済循環図」を使い、Excelでマクロ経済学をフローチャート化する方法についても述べている。
■ 主な内容 ■
 CONTENTS

 

 はじめに

 

 第吃堯ー楕部門の分析

 

 第1章 国民所得とは
1-1 国民所得とは 1-2 国民所得の役割
1-3 国民所得はどのように測定されるのか 1-4 国民所得の種類
1-5 インターネットの活用  

 

 第2章 経済循環図による国民所得決定の理論
2-1 資本主義経済の仕組みとは 2-2 経済はどのように運行しているのであろうか
2-3 エクセルで縮小・拡大プロセスを説明しよう 2-4 経済はどのように運行しているのであろうか
2-5 投資乗数の理論 2-6 まとめ

 

 第3章 45度線図による国民所得決定の理論
3-1 総需給曲線の導出 3-2 貯蓄と投資による経済の調整メカニズム
3-3 C・I分析とS・I分析の統合 3-4 45度線図による調整メカニズム
3-5 S・I分析による調整メカニズム  

 

 第4章 政府部門の役割
4-1 経済の仕組みと財政の役割 4-2 政府支出活動の役割
4-3 租税の役割(増税の場合) 4-4 租税の役割(減税の場合)
4-5 均衡予算の効果 4-6 財政乗数

 

 第5章 海外部門の役割
5-1 経済の仕組みと海外部門の役割 5-2 輸出の役割
5-3 輸入の役割(増税の場合) 5-4 貿易乗数
5-5 2国間の貿易による経済効果1 5-6 2国間の貿易による経済効果2
5-7 図解  

 

 第局堯ゞ睛刺門の分析
 第6章 金融部門の導入
6-1 金融部門の役割 6-2 相互依存関係は

 

 第7章 IS-LM 分析と介在循環図
7-1 具体的な経済循環図と均衡状態 7-2 市場のメカニズム
7-3 エクセルによる説明 7-4 エクセルマクロ(VBA)による説明

 

 第8章 IS-LM 分析とグラフ
8-1 IS-LM曲線の作図 8-2 エクセルマクロによるIS-LM曲線の作図
8-3 IS-LM曲線による国民所得決定 8-4 市場の調整メカニズム

 

 第9章 IS-LM 曲線と財政政策
9-1 財政政策(政府支出) 9-2 財政政策(減税)

 

 第10章 IS-LM 曲線と金融政策
10-1 経済循環図による説明 10-2 グラフによる説明
10-3 IS-LM曲線と金融・財政政策  

 

 第11章 IS-LM 曲線と海外貿易(BP曲線の導入)
11-1 外国部門の取引 11-2 海外部門を入れた経済循環図(均衡図)
11-3 国際収支が不均衡のケース 11-4 グラフ表示による分析(国際収支均衡線BPの導入)
11-5 IS-LM曲線とBP曲線 11-6 資本流出が減少のケース
11-7 調整メカニズム 11-8 VBAによるBP曲線のグラフ作図
11-9 VBAによるIS-LM曲線とBP曲線  

 

補論1 Excelによるグラフ作図
補論2 VBAによる経済循環図と国民所得決定
補論3 VBAによる45度線図と国民所得決定
 
ファイルのダウンロード方法

 


 索引 

 

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本