TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2004年 > 11月 書名検索: 詳細検索...
高度な映像編集が簡単にできる!
Adobe After Effects 6.5入門
佐野 彰 著
2004年11月20日発売   B5変型判  256ページ 定価 \2,530(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1081-8 C3004 \2300E
 After Effectsは映像を編集するためのソフトです。
 現在はAfter Effects以外の映像編集ソフトもたくさん発売されていますが、そのようなソフトとAfter Effectsの違いは、編集できる内容の深さにあります。つまり、映像自体はそのままで「順番」や「長さ」を編集する機能は多くのソフトに搭載されていますが、「映像そのもの」を加工する機能はAfter Effectsがいちばん優れているのです。また、このソフトは、機能が優れているだけではなく、PhotoshopやIllustratorといった他のソフトとも連携して作業できます。そのため、プロの現場でも多く用いられています。しかし、豊富な機能ゆえに使いこなすことが難しいという声も耳にします。
 そこで本書では、誰でも簡単にAfter Effectsが扱えるように、インストールからエフェクトのかけ方まで、詳しく解説しています。さらに、すぐにAfter Effectsを使えるように、体験版と、本書で使っているエフェクトをすべて付録CD-ROMに収録しました。本書が一冊あれば、After Effectsを使いこなせること間違いなしです。
■ 主な内容 ■
 CONTENTS

 

 はじめに

 Chap.1  「After Effects」とは
1- 1 「After Effects」ってどんなソフトなの? 1- 2 何ができるの?
1- 3 Photoshopとどこが違うの? 1- 4 「After Effects」はなんでもできるの?
1- 5 「After Effects」って楽しいの?  

 

 Chap.2  重要ワード28
2- 1 プロジェクト 2- 2 フッテージ 2- 3 コンポジション
2- 4 タイムライン 2- 5 エフェクト 2- 6 クリップ
2- 7 ピクセル 2- 8 DV 2- 9 レイヤー
2-10 プロパティ 2-11 パラメータ 2-12 座標
2-13 フレーム 2-14 キーフレーム 2-15 fps
2-16 トランスフォーム 2-17 マスク 2-18 色表現
2-19 キーイング 2-20 チャンネル 2-21 アルファ値・アルファチャンネル
2-22 プレビュー 2-23 トリムング 2-24 取り込み・読み込み
2-25 書き出し 2-26 レンダリング 2-27 圧縮
2-28 拡張子    

 

 Chap.3  編集の前に
3- 1 企画 3- 2 準備
3- 3 撮影  

 

 Chap.4  「After Effects」で編集してみよう
4- 1 編集の前に 4- 2 プロジェクトの作成
4- 3 コンポジションの作成 4 -4 コンポジション・ウインドウについて
4- 5 タイムライン・ウインドウについて 4- 6 本格的な編集をしよう
4- 7 書き出し  

 

 Chap.5  ケース・バイ・ケース
5- 1 作業の効率を上げたい 5- 2 画像の編集について知りたい
5- 3 合成について知りたい 5 -4 音楽について
5- 5 その他の些細なこと  

 

添付CD-ROM for Windows
・Windows用の「Adobe After Effects 6.5日本語版」体験版(30日間利用可能)
・全エフェクトのサンプル映像(movファイルで収録)
・Chap.4 練習用ファイル
・付録(絵コンテ用紙と香盤表のpdfファイル)

 

[付録] エフェクト一覧

 


 索引

 

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
サポート  Q&A
ご意見・ご質問

内容見本