TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2004年 > 6月 書名検索: 詳細検索...
理工系学生の必須知識[量子力学] 基礎の基礎を完全理解!
パソコンで描く水素原子
シュレーディンガー方程式を「計算する」「プロットする」「眺める」
桜町 晃生 著
2004年 6月26日発売   B5変型判  256ページ [CD-ROM付] 価格 \2,530(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1049-8 C3042 \2300E
 「量子力学」は、現代科学技術の中心的存在であり、理工系学生であれば必ず学びます。しかし、難解な数式の羅列なので、ピンとこないまま終わってしまうのが常ではないでしょうか。
 そこでパソコンを使って、いちばん簡単な(しかし、歴史的にも意味のある)水素の形を見てしまおうというのが本書です。本書の目的は、水素原子に関するシュレーディンガー方程式を解いて、水素原子の電子雲を描くことです。ある一定のエネルギー状態にある水素原子を観測し、電子が“存在”する位置を順次グラフにプロットします。多数回観測することによって、グラフにはある形が現われてきます。それが、水素原子の「電子雲」です。本書を読んで、量子力学の世界を堪能してください。
 特別付録のCD-ROMには、本書掲載の「水素原子の電子雲」に関するプログラムなどを収録しています。
■ 主な内容 ■
 CONTENTS

 

 まえがき

 

第1章  実行
[ 1] 添付ディスクの構成 [ 2] 起動方法
[ 3] 実行方法 [ 4] 実行例

 

第2章  理論
[ 1] 古典物理学の破綻 [ 2] 量子力学の登場
[ 3] シュレーディンガー方程式 [ 4] 水素原子に関するシュレーディンガー方程式
[ 5] 変数分離 [ 6] φ に関する波動方程式
[ 7] θ に関する波動方程式 [ 8] γ に関する波動方程式
[ 9] 電子の分布関数 [10] 分布関数に従う乱数
・・・  

 

第3章  計算式とフローチャート
[ 1] 冪(べき)乗 [ 2] 階乗
[ 3] ラゲール陪多項式 [ 4] 動径波動関数の規格化因子
[ 5] 動径波動関数 [ 6] 動径分布関数
[ 7] ルジャンドル陪多項式 [ 8] 角度波動関数の規格化因子
[ 9] 角度波動関数 [10] 角度分布関数
・・・  

 

第4章  文字とグラフィックス
[ 1] はじめに [ 2] 新しいプロジェクト
[ 3] フォームのサイズとプロパティの変更 [ 4] フォーム座標
[ 5] 線画を描く [ 6] 塗り潰し図形を描く
[ 7] 文字を描く [ 8] グラフィックスの再描画
[ 9] グラフィックスを描く場所 [10] 点を打つ
・・・  

 

第5章  VB.NETプロジェクト
[ 1] VB.NETの概要 [ 2] 動径分布関数
[ 3] 動径分布関数に従う乱数 [ 4] 角度分布関数
[ 5] 角度分布関数に従う乱数 [ 6] 水素原子の電子雲
[ 7] モジュール化 [ 8] 水素原子の電子雲(統合)
[ 9] 水素原子の電子雲(統合改)  

 

第6章  ファイル管理
[ 1] プログラムの保存 [ 2] 実行可能ファイルの作成
[ 3] 実行可能ファイルの配布 [ 4] VB4.0について

 

 付録 
添付CD-ROM
 本書掲載「水素原子の電子雲」に関する以下のプログラムを収録
 1.Visual Basic.NET Standard Version 2003(VB.NET)
 2.Visual Basic Version 4.0(VB4.0)

 用語と参考文献
 索引


※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本