TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2004年 > 6月 書名検索: 詳細検索...
Excel VBAを実務に応用!
[実践] Excel VBA
ゼロからはじめる実務処理の自動化
桜町 晃生 著
2004年 6月26日発売   A5判  288ページ [CD-ROM付] 価格 \2,530(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1048-1 C3004 \2300E
 一度だけしか行なわないけれど、データが大量にあり、手作業では時間も掛かるし、見落としが避けられない・・・。作業データの修正や追加を繰り返し行なう作業に「Excel VBA」(Visual Basic for Applications)を使えば、事務処理の負荷を大幅に軽減できます。
 本書は、Excel VBAを会社における実際の仕事に適用し、処理の自動化を行なったものです。簡単なものから複雑なものまで、Excel VBAを実務に応用した5つの例について、ゼロから作る方法を丁寧に解説しています。
 ワークシートからのデータを読み取り、複雑な計算をして、グラフの作成まで、すべてボタンクリック一つで自動的に行なう様は、見ているだけでも感動的です。特別付録CD-ROMには、本書掲載プログラムと実行結果をすべて収録しています。
■ 主な内容 ■
 CONTENTS

 

 まえがき

 

第1章  表の修正
[1- 1] はじめに [1- 2] マクロの作成方法
[1- 3] コントロールと標準モジュール [1- 4] プログラムの流れ
[1- 5] プログラム・コード [1- 6] 実行結果とプログラムの改良

 

第2章  データベースの並べ替え
[2- 1] 元のデータ [2- 2] 並べ替え後のデータの例と並べ替えの規則
[2- 3] ブックの構成と並べ替え後の処理 [2- 4] [変換]ボタンとコード入力
[2- 5] プログラム全体の流れ [2- 6] 宣言部
[2- 7] オリジナルシートのデータの行数 [2- 8] オリジナルシートのデータの列数
[2- 9] 個々の行のデータに対する処理 [2-10] C列に書き込むべきデータ
[2-11] データの書き込み  

 

第3章  データベースの作成
[3- 1] 与えられたデータとデータベースのフォーマット [3- 2] プログラムの起動
[3- 3] プログラム全体の流れ [3- 4] ブックを開く
[3- 5] ワークシートを開く [3- 6] ファイバ本数を数える
[3- 7] Subデータ作成 [3- 8] Subデータ転記
[3- 9] ブックを閉じる  

 

第4章  データ処理作業の自動化(機
[4- 1] 作業の内容 [4- 2] 計算式のフィッティング
[4- 3] 手作業による場合 [4- 4] Excel VBAを使う場合
[4- 5] マクロの組み方 [4- 6] ワークシートの数を調べる
[4- 7] プログラム全体を制御 [4- 8] グローバル変数の宣言
[4- 9] 個々のワークシートに対する処理 [4- 10] 計算グループを数える
・・・  

 

第5章  データ処理作業の自動化(供
[5- 1] はじめに [5- 2] 前提
[5- 3] 出力 [5- 4] 準備
[5- 5] プログラムの大まかな流れ [5- 6] 接続点データのコピー
[5- 7] 距離データのコピー [5- 8] 処理回数
[5- 9] 新しいブックを開く [5- 10] 全体のデータ処理
・・・  
 付録 
添付CD-ROM
 本書掲載のVBAプログラムをすべて収録

 索引


※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本