TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2004年 > 4月 書名検索: 詳細検索...
「仕組み」を理解して「性能」を見極める!
パソコン解剖学(マザーボード編)
I/O第二編集部編
2004年 4月26日発売   B5変型判  160ページ 定価 \2,090(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1034-4 C3004 \1900E
 パソコンが一般的になり、一人一台の時代を迎えていますが、パソコン内部の仕組みまで理解している人はあまりいません。パソコンの中身について詳しく知っていれば、安価にパワーアップができたり、トラブルが起きたときにも慌てず処理できたりします。
 パソコンの「核」となっているのが、「マザーボード」です。「マザーボード」とは、PCの主要部品を基板一枚に収めたものですが、「64bit CPU」「PCI-Express」「シリアルATA」などの登場によって、今まさに、大きく様変わりしています。また、マザーボードに搭載される「チップセット」も多種にわたって発売されるようになっており、それに伴ってオンボード/オンチップの機能も変化してきました。
 そこで本書では、マザーボードの仕組みを詳しく解説し、応用力のあるマザーボード選びの指針を紹介します。
■ 主な内容 ■
 CONTENTS
 図解 マザーボード
 各種マザーボード紹介

 

 第1章  マザーボードの各部の働き
 チップセット  CPUソケット
 メモリソケット  AGPスロット
 IDEコネクタ  FDDコネクタ
 拡張スロット  バックパネル
 ATX電源コネクタ  

 

 第2章  ベンダー別マザーボードの特徴
 ASUSTeK  ABIT
 AOpen  GIGABYTE
 MSI  ECS
 EPOX  その他のメーカー

 

 第3章  インターフェイスから見たマザーボード
 USB2.0とIEEE1394の違い  最新マザーボードと規格
 インターフェイスの種類とその歴史  

 

 第4章  マザーボードとCPU
 CPU  CPUの歴史

 


用語集
索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本