TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2004年 > 5月 書名検索: 詳細検索...
デザインと印刷のためのデジタル・パブリッシング情報誌
Professional DTP 2004-6
2004年 5月10日発売   A4変形  144ページ 定価 \1,540(本体 \1,400)
雑誌コード 61481-84    ISBN978-4-7775-0036-9 C9404 \1400E
 第1特集: 複雑化するDTPのポイントを分かりやすく解説
 イチから分かる 「DTP&印刷」の基礎講座

 DTPのオペレーターはDTPアプリケーションの使い方だけを知っていればいいわけではありません。DTPワークフローの一端を担うものとして、DTP全般についても知っておくべきであり、また、最終的に印刷物を作るために作業する以上、印刷の知識も必要です。
 ここでは、新しくDTPを始めた人にもよく分かるように、印刷物制作を行なう上で知っておきたい全体像と最新情報について解説していきます。
■ 主な内容 ■

[第1特集] 複雑化するDTPのポイントを分かりやすく解説
 イチから分かる 「DTP&印刷」の基礎講座

●解像度とスクリーニング
 印刷物で画像を扱う際に欠かせないのが解像度の知識です。画像解像度はどのように決められるのか、線数や出力解像度との関係、さらにスクリーニングについての最新知識に至るまで詳細に解説します。
●デジタル画像処理の基本
 画像補正は高品位な印刷物を作るために重要な要素です。最近はDTPオペレーターが補正まで行なうケースも増えてきました。ここで画像処理の基本的な知識について分かりやすく説明していきます。
●日本語の印刷に欠かせない組版知識
 文章の品質を決定するのが文字組みです。印刷物の種類ごとにどういった組版が求められるのか、それはどのようにすれば実現できるのかを解説していきます。
●高品位な印刷物を作るための色管理術
 カラーマネージメントをきちんと理解している人は多くありません。現在では印刷機の制御でもデジタルによる色管理が用いられています。ここではデジタルの色管理について具体的に見ていきます。
●DTPユーザーが知っておきたい面付けの知識
 ページ物は最終的に製本されて製品になります。製本で重要なのが面付けです。ここでは、DTPユーザーが知っておくべき製本・面付けの知識を解説しておきます。
●印刷方式の違いを知る
 印刷にはさまざまな種類があり、用途に応じて適切な方式を選択する必要があります。ここでは、印刷方式の違いとそれぞれのメリットを解説します。

[第2特集]
 ますます増え続けるWindowsデータにはこう対処する
 Windowsデータ取り扱いマニュアル

[Highend Prepress Report]
 Staccato 10で広がる高精細印刷の可能性
[DTP Technology File]
 外字問題を解決する技術「SING」

●[連載企画および内容]
[Professional News]
  Professional Review/DTP News/Hardware Information for Professional

[連載]
  中国印刷業界レポート/Digital Graphic's Tips/デジタルカメラ撮影テクニック/DTPオンラインソフト研究室/電子出版最新事情/ [新連載] InDesign導入への道/目指せ!印刷営業の達人

[インフォメーション]
  読者プレゼント/バックナンバー/Professional DTPガイド/Photo Gallery/Professional DTPオリジナル・ライセンスフリー素材/読書のページ/本誌Webサイトについて/ほか

※ 内容が一部異なる場合があります。ご了承ください。

バックナンバー取扱店リンク

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本