TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2004年 > 1月 書名検索: 詳細検索...
これだけ分かれば自作初心者脱出!!
今さら人に聞けない パソコンの常識 [パーツ編]
第二I/O編集部 編
2004年 1月19日発売   A5判  160ページ 定価 \1,628(本体 \1,480)
雑誌コード 61481-68    ISBN978-4-7775-0020-8 C9404 \1480E
 2003年は、PCパーツ業界激動の年でもありました。Pentium4のHyper-Threading搭載、ギガビット・イーサ製品の低価格化、シリアルATAの標準搭載 ・・・。ただ、ユーザーにとってはこの激変するパーツを把握し、理解するのはとても難しくなってきています。また、今後もPCI ExpressやBTXなど、新しい規格が続々と登場します。
 そこで本誌では、誰でも新しい規格やパーツを理解できるよう、Q&A方式で分かりやすく解説しています。本誌の内容が分かれば、自作初心者を脱出できます。
■ 主な内容 ■

 CONTENTS
  基本編
 パーツは値段が跳ね上がる寸前のものを選ぶ 初期不良はすぐ購入店へ
  CPU編
 CPUの働きは,「演算」+α FSBは外部クロック周波数
 似ているが違うIntelとAMD CPUのGHzは内部クロック周波数
 CPUはコアが違えば性能や機能が大幅に違う CPUの開発コードが重要な理由
 個性で勝負するCPUメーカーたち 「Xeon」「Itanium」はサーバ用CPU
 Athlon64は,従来の互換性を保ちつつ64bit Hyper-Threadingは論理マルチプロセッサ
 ・・・etc 
  メモリ編
 「DDR」と「RDRAM」の方式はまったく異なる 次世代メモリの有望株「DDR供
 主流の「DDR」は「立ち上がり」「立ち下がり」で倍クロック SDRAMは回路設計を容易にする同期方式
 メモリは「バルク品」がほとんど 「PC2700」「PC133」はメモリ・モジュールの速さを示す
 メモリが違うと何が変わるのか 効果が大きい「メモリ交換」
 メモリが挿せる枚数はマザーボードによる メモリ交換は同じ種類のものを
 ・・・etc 
  マザーボード編
 CPUはチップセットと組んで一人前 チップセットはCPUに合わせて決める
 チップセットで決まるパソコンの機能 MCHとICHは高速データ転送の「ハブ」
 チップセットの交換は難しい マザーボードの大きさをチェック!
 PCIスロットは,32bit,33MHzが主流 AGPスロットはグラフィックス専用
 効果抜群のマザーボード交換 「IEEE」はアメリカの学会の名前
 ・・・etc 
  HDD編
 HDDの容量は80GBが主流だが250GBのものもある IDEはCD-ROMドライブの接続用規格
 ATA133はIDE規格の1つで,現在の主流 DMA133はHDDの転送速度でmUltra ATA/133のこと
 SCSI接続のHDDはサーバ用途に使われる シリアルATAは高性能だが,現在のIDEとは大きく異なる
 デスクトップ用HDDは3.5インチの1インチ・ハイトが主流 rpmは,IDEで7,200rpm,scsiで10,000rpmがお薦め
 流体軸受けのHDDは,長寿命で低騒音 ・・・etc
  光ディスクドライブ編
 書き込み型DVDにはどんな種類がある? CD-RWやDVD-RWで追記ができない理由
 コンボ・ドライブとはDVD+CD-R/RW DVDマルチドライブの対応メディアは?
 マルチプラス・ドライブは全部入り 「〜倍速」の基準は標準再生速度
 CD-RとDVD-Rの「倍速」は基準が違う MOドライブを内蔵させるには
 Zipもがんばっている 「DVD」増設が上手くいかない理由
 ・・・etc 
  拡張カード編
 パソコンには必ずあるビデオ機能だが・・・ 3D-CGに力を入れるビデオ・カードの効果
 ビデオ・チップは多機能の専用コンピュータ VRAMは多いほどいい
 ビデオ・カードメーカーは「ATI」「nVIDIA」だけじゃない サウンド・カードにはどんな機能がある
 「5.1ch」「6.1ch」の「0.1」はサブ・ウーファー ADSLにはLANカードが必要
 無線LANに必要な三つのもの PCIスロットの挿入場所には注意
 ・・・etc 
  PCケース編
 カースは「縦置き」の「タワー型」が主流 フルタワー・ケースは余裕の拡張が可能
 ミドルタワー・ケースは幅広い拡張性で主流 マイクロタワー・ケースはコンパクトだが,拡張性に注意
 ブックタイプはコンパクトだが普通のPCIカードは使えない キューブ型ケースは格好イイが,マザーの仕様に注意


 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。ご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本